債務整理

クレジットカード現金化はヤバイ?逮捕される?デメリットを徹底解説

ヨシノ
全然関係ないんですけどご報告。「主人公ちゃん」かわいいのでみんなで推しましょう。どうもヨシノです。

お金に困っていると、インターネットの広告やSNSの情報で「クレジットカード現金化」という言葉が目に留まることがあります。「クレジットカードの現金化って利用して大丈夫なの?」「カード会社にバレたらマズい?」など、疑問を持っている人も多いのではないでしょうか。

事実、経済的に困窮していると、クレジットカード現金化に手を出す人は多いです。今回は、そんな時のために、クレジットカード現金化について、その仕組みや違法性、リスクなど、真実を徹底的に解説していきます。

【債務整理に強い】当サイトで人気の弁護士・司法書士
ライタス綜合事務所_債務整理バナー

↓無料相談受付中(LINE/電話可)↓

債務整理に強い司法書士に今すぐ0円で相談する

※LINEで気軽に相談可能

クレジットカード現金化とは?

クレジットカード現金化とは?

クレジットカード現金化は、ショッピング枠を利用して現金を手に入れる方法のことで、一見便利そうに見えて実際には多くの問題を抱えているのが実情です。

まずは、クレジットカード現金化の仕組みや方法について詳しく解説していきましょう。

ヨシノ
クレジットカード現金化って聞くと、なんだか闇金っぽい雰囲気がプンプンしますよね。でも大丈夫、ヨシノが詳しく解説しちゃいます。

基本的な仕組み

クレジットカード現金化は、ショッピング枠を使って商品を購入し、その商品を現金に換える手法で、具体的には「買取式」と「キャッシュバック式」という2つの方法に分けられます。

買取式は、クレジットカードで購入した商品を買取業者に売却して現金を得るというもの。

キャッシュバック式は、現金化業者が販売する商品をクレジットカードで購入し、購入特典として現金を受け取るという方法です。

それにより、一時的に現金が手に入るかもしれませんが、高額な手数料や法的リスクが伴うのも事実です。また、クレジットカード会社の規約にも違反するため、慎重な検討が必要となります。

買取式の方法

買取式のクレジットカード現金化は、まずクレジットカードを利用して高価な商品を購入するところから始まります。選ぶ商品は換金価値が高いもの、例えばブランド品や金券が一般的です。

その後、購入した商品を買取業者に持ち込み、現金に換えてもらうという流れです。一見簡単な手続きで現金を手にできますが、この際に発生する手数料が驚くほど高額である点も無視できません。

また、クレジットカード会社がこの行為を発見すると、強制的にカードの利用を停止される可能性や、一括返済を求められるケースも多いのです。

したがって、この手法を利用する際は多くのリスクを覚悟しなければなりません。

キャッシュバック式の方法

キャッシュバック式は、現金化業者が提供する商品をクレジットカードで購入し、その際に特典として現金を受け取る手法です。この方法の場合、購入する商品は一般的に価値がほとんどないもの、例えば高価な文房具や雑貨などが多いようです。

クレジットカード現金化の違法性とリスク

クレジットカード現金化の違法性とリスク

クレジットカード現金化は、クレジットカード会社の規約に違反する行為であり、多くのリスクを伴います。法的な位置づけや逮捕の可能性、さらにはカード会社から受けるペナルティについて解説していきましょう。

法律上の位置づけ

クレジットカード現金化は、法律上明確に違法とはされていないものの、クレジットカード会社の規約には違反しています。

そのため、クレジットカード会社からペナルティが課される可能性が高いのです。また、消費者金融機関の目線からも、現金化行為は信用の損失に繋がるため非常にリスキーとされます。

加えて、買取業者や現金化業者による詐欺まがいの行為が発覚した場合、違法行為として刑事罰に問われることもあるのが実情です。

クレジットカード現金化は一見すると簡単に現金を得る手段のように見えますが、その裏側には多くの法的リスクが潜んでいることを忘れてはいけません。

逮捕の可能性

クレジットカード現金化を行う業者が逮捕される事例も少なくありません。特に、出資法違反や詐欺罪の疑いで摘発されるケースが多くあるのが現状です。

ヨシノ
違法だったり逮捕されたりするリスクがあるなんて、クレジットカード現金化って危険すぎィ!ちょっとお金に困ってるくらいで、そんなリスク背負えないですよね。はい。

また、個人が現金化を行った場合でも、詐欺罪に問われる可能性があります。なかには、刑事罰として罰金や懲役刑が課されることも。そのため、一時的なお金を得るためにクレジットカード現金化を使用することは、非常に危険な行為といえるでしょう。

法的なリスクを避けるためにも、現金が必要な場合には、他の合法的な手段を検討することが望ましいですね。リスクを避ける選択をすることが、自分自身の未来を守るためにも重要です。

クレジットカード会社からのペナルティ

クレジットカード現金化が発覚すると、クレジットカード会社から厳しいペナルティを受ける可能性があります。一般的にはカードの強制退会や利用停止、さらには残高の一括請求が行われることが多いようです。

返済が滞った場合には信用情報機関に事故情報が登録され、いわゆるブラックリストに載るリスクも発生します。

このブラックリストに載ると、将来的に住宅ローンや車のローンの審査に通らなくなるなど、多くの経済活動に支障をきたすことが考えられます。

これらのペナルティを受けることで、短期間で得た現金以上に大きな代償を支払うことになるため、クレジットカード現金化は非常に危険な選択肢となるのです。

ヨシノ
※当サイトからの借金相談実績No.1
当サイトがおすすめする司法書士事務所はこちら

クレジットカード現金化のデメリット

クレジットカード現金化のデメリット

クレジットカード現金化は一見便利に思えるかもしれませんが、多くのデメリットがあります。

その中でも特に金銭的な損失や信用情報への影響、そして詐欺や犯罪に巻き込まれるリスクについて解説していきましょう。

金銭的な損失

クレジットカード現金化には高額な手数料が発生します。

例えば、10万円を現金化しようとした場合、手数料として約20%から30%が引かれるため、手元に残る現金は7万円から8万円程度。

それに加え、クレジットカードのショッピング枠を利用するため、その分、ショッピング枠が減少し、通常の買い物にも影響が出るのです。このような金銭的な損失は、一時的に現金が手に入るというメリットを帳消しにするだけでなく、長期的な経済リスクを引き起こす可能性が高いでしょう。借金が増え、返済計画が狂う危険性も無視できません。

したがって、クレジットカード現金化は、最終的には経済的に多くの損失を生む行為となるのです。

信用情報への影響

クレジットカード現金化が発覚すると、信用情報機関に事故情報が登録されます。これにより、いわゆるブラックリストに載ることになるのです。

事故情報が登録されると、将来的に新たなクレジットカードの発行が難しくなったり、住宅ローンや自動車ローンの審査に通りにくくなるなどの問題が発生します。また、信用情報に傷がつくことで、社会的な信用を失い、今後の経済活動に大きな支障を与えることが考えられるのです。

個人の生活に多大な悪影響を及ぼすため、クレジットカード現金化を行う前にそのリスクを十分に理解し、慎重に検討する必要があります。

詐欺や犯罪に巻き込まれるリスク

クレジットカード現金化には、詐欺や犯罪に巻き込まれるリスクも存在します。悪質な現金化業者による詐欺行為や個人情報の悪用、さらには犯罪組織との接触など、多くの危険が潜んでいるのが実情です。手続きの過程で不適切な手数料を取られたり、商品が届かないなどのトラブルが発生することも珍しくありません。

ヨシノ
高額な手数料に、信用情報へのダメージ、果ては詐欺に巻き込まれるリスクまで。クレジットカード現金化のデメリット、盛りだくさんすぎません?

さらに、現金化業者が違法行為を行っている場合、利用者自身も法的なトラブルに巻き込まれる可能性があります。

これらのリスクは、日常生活における安全や安心を脅かすものであり、一度巻き込まれると逃れるのは非常に困難です。したがって、クレジットカード現金化を利用する際は、起こり得るリスクをよく理解し、安全な方法を選択することが重要です。

クレジットカード現金化の代替手段

クレジットカード現金化の代替手段

クレジットカード現金化には多くのリスクやデメリットがありますが、現金が必要な場面で他にどのような選択肢があるのかご紹介しましょう。

ここでは、キャッシング機能、カードローンの利用、家計管理の見直しといった代替手段について解説していきます。

キャッシング機能の利用

クレジットカードには、ショッピング枠とは別にキャッシング機能が備わっていることが多いのをご存知でしょうか。

これはクレジットカードを利用して現金を借りられるサービスで、多くのクレジットカード会社が提供しています。この方法の利点は、何といっても手続きの簡単さと素早さにあります。大抵のATMでキャッシングが可能で、即日で現金を手に入れることが可能です。

ただし、キャッシングを利用する際には、金利が発生するのは避けられません。とはいえ、クレジットカード現金化に比べれば、キャッシングの金利はそれほど高くありません。

現金化業者の手数料は非常に高額で、場合によっては使った金額の30%を超えることもあります。一方、キャッシングの金利は平均して年利15%から20%程度に収まっています。

ヨシノ
いや高くて草

また、キャッシングはクレジットカードの正規の機能で、利用してもクレジットカード会社の規約に違反することはありません。安心して利用できるという点で、現金化よりも遥かに優れた選択肢といえるでしょう。

ただし、キャッシングの利用は計画的に行うことが重要となります。無計画にキャッシングを繰り返していると、借金が膨らむリスクがあります。適切に返済計画を立てた上で、必要な額を借りることが大切です。利用限度額にも注意し、無理のない範囲での利用を心掛けましょう。

カードローンの利用

カードローンは、銀行や消費者金融が提供する個人向けのローンサービスであり、クレジットカードのキャッシング機能よりも低い金利で現金を借りられるのが特徴です。この方法は、一時的な現金不足を解消するための非常に有効な手段となるでしょう。

カードローンの利点は、金利が低いだけでなく、利用可能枠が大きいことです。多くのクレジットカードのキャッシング枠は限られていますが、カードローンはその枠を超えることができる場合が多く、より大きな額の現金を必要とする場合に適しています。

カードローンは銀行が提供するものと消費者金融が提供するものとに分かれています。

行のカードローンは一般的に金利が低く、借り入れ可能額も大きいという特徴がありますが、審査が厳しいのが難点です。

消費者金融のカードローンは審査が比較的緩やかで、即日融資が可能な場合が多いのが魅力です。

ただし、カードローンも無計画に利用すると、返済が滞るリスクがあることを忘れないでください。特に消費者金融のカードローンは金利がやや高めであるため、返済計画をしっかりと立てることが重要です。

借金を重ねないように、利用額や返済スケジュールを考慮することが大切です。

家計管理の見直し

現金が必要になる場面は誰しもがありますが、その多くは家計管理の見直しによって解消できることが多いのをご存知でしょうか。

ヨシノ
みなさん、家計簿つけてますか?意外とこれが一番効果的だったりします。iPhoneのメモとかで大丈夫なので。

まず、収入と支出を明確に把握することが必要です。毎月の収入と固定費(家賃や光熱費、水道代など)をリストアップし、変動費(食費や娯楽費など)も記録することが大切です。

この部分が見えてくると、どこに無駄があるのかを具体的に把握できるようになるでしょう。

次に、無駄な支出を削減するための対策を立てましょう。例えば、外食が多い場合は自炊に切り替える、サブスクリプションサービスを解約する、交通費を節約するなど、日常生活のなかで無理なく削減できる部分を見つけることです。

さらに、緊急時のための貯金を作ることも重要です。一般的に、3か月分の生活費を貯金しておくと何が起こっても安心して対応できます。もしものときに備えて少しずつでも貯金を始めましょう。

また、家計管理アプリやエクセルシートを活用する方法も効果的です。これにより、毎日の支出を簡単に管理でき、無駄な支出を可視化できます。家計管理の見直しによって赤字を防ぐことができるため、ぜひ取り入れてみてください。

家計管理を正しく行うことで、現金化に頼ることなく健全な生活を維持することが可能になります。自分自身の収支を見直し、賢くお金を使う習慣を身につけましょう。

ヨシノ
※当サイトからの借金相談実績No.1
当サイトがおすすめする司法書士事務所はこちら

まとめ

まとめ

クレジットカード現金化は一見手軽に現金を得られる方法に見えますが、実際には違法行為となるリスクや高額な手数料、信用情報への悪影響など、多くのデメリットがあります。

現金が必要な場合は、キャッシング機能やカードローンの利用、家計管理の見直しなど、より安全で合法的な方法を検討するのが良いでしょう。

どうしてもクレジットカード現金化に手を染めてしまった場合は、弁護士や司法書士など専門家に相談し、早期の問題解決を目指すことをおすすめします。借金問題は一人で抱え込まず、適切な助言を得ることが大切ですね。

ヨシノ
ライタス綜合事務所は、債務整理の受任実績が12,000件を超えている実績ある事務所です。
口コミや詳しい情報を知りたい方は、下記のリンクからチェックしてみてください。
ライタス綜合事務所の口コミ・評判を見る>>
【債務整理に強い】当サイトで人気の弁護士・司法書士
ライタス綜合事務所_債務整理バナー

↓無料相談受付中(LINE/電話可)↓

債務整理に強い司法書士に今すぐ0円で相談する

※LINEで気軽に相談可能

  • この記事を書いた人

闇金情報編集部

闇金情報最前線は、多様化する金融トラブルについて様々な角度から取材をし、未然に金融トラブルを防ぐための方法や金融商品についてまとめています。万が一、ご表記や気になる点がありましたら、編集部にて直ちに修正させていただきますので、問い合わせフォームからお知らせください。

© 2024 闇金情報最前線|先払い買取/後払い現金化/ソフト闇金 Powered by AFFINGER5

\ 相談はもちろん無料!/
先払い業者・闇金の取り立てを最短即日で停止!
LINE or 電話で司法書士に0円相談する
\ 相談はもちろん無料!/
先払い業者・闇金の取り立てを最短即日停止!
LINE or 電話で司法書士に0円相談する