闇金対処法

自己破産しても闇金は免責されない!理由や対処法まで徹底解説

ヨシノ
免責。いい響きですね。どうもヨシノです。

突然ですが、自己破産しても闇金からの借金は免責されない、という事実をご存知ですか?自己破産が借金解決の一つの道として存在しますが、しかし闇金からの借金となると話は別。

気になる理由については、この後詳しく解説していきますが・・・。

まず、この記事をお読みの方に申し上げておきたいのは、闇金は自己破産を持ってしても逃げ切ることはできません。

むしろ、自己破産は闇金にとって「痛くもかゆくもない」(=余裕で督促を続ける)ということを覚えておいてください。

では、一体なぜ免責されないのか、自己破産によって闇金問題が解決しない理由は何なのか、そして闇金問題に対処するための方法とは何か、こうした問いについて徹底的に解説していきます。

借金に悩むすべての人に向けたこの記事を通じて、一緒に解決の糸口を見つけていきましょう。

本来、闇金(ソフト・LINE闇金を含む)は貸金業法・出資法における刑罰の対象となりますが、捕まえづらく犯罪の線引きがつきにくいことから、警察は動いてくれる可能性が低いといえます!

最も安全に闇金問題を解決するには「闇金に強い弁護士・司法書士への相談」だけです!

弁護士・司法書士を選ぶ際には、下のポイントを確認するのがおすすめ。

  • 着手金や相談費用が0円
  • 解決費用が安く分割払いにも対応
  • 職場バレや家族バレ対策が万全
  • 最短即日対応してくれる
  • 闇金問題の解決実績が豊富
条件を満たす司法書士・弁護士事務所は下の4つです!

【闇金解決に強い】当サイトで人気の弁護士・司法書士

↓無料相談受付中(LINE/電話可)↓

【仮名OK】闇金に強い司法書士に無料相談

※家族に内緒で解決も可能です


目次
  1. 闇金問題は自己破産しても免責されない理由
    1. 闇金への借金は法律上の借金ではないから
    2. そもそも免責不許可事由に該当する可能性があるから
  2. 自己破産しても闇金問題が解決しない2つの理由
    1. 督促が止まらないから
    2. 官報掲載者をターゲットに勧誘してくるから
  3. 闇金の督促を止める方法まとめ
    1. 消費者センター等に相談する
    2. 警察に相談する
    3. 【おすすめ】闇金に強い弁護士・司法書士に対応を依頼する
  4. 自己破産した方がメリットがある人の特徴
    1. 免責されやすい債務が多い人
    2. 目安として今後3年かかっても借金を返済できない人
    3. 督促を停止し平穏な日常を取り戻したい人
  5. 自己破産してもメリットが少ない人の特徴
    1. 闇金など免責されない支払先が多い人
    2. 目安として今後3年以内に借金を返せる人
    3. 官報に名前が載りたくない人
  6. 闇金や自己破産の相談先
    1. 法テラス
    2. 行政等の無料法律相談
    3. 【おすすめ】闇金と債務整理に強い弁護士・司法書士事務所
  7. 自己破産と闇金対応を事務所に相談~依頼する流れ
    1. 闇金と債務整理に強い事務所を見つける
    2. 事務所に問い合わせる・相談予約を入れる
    3. 相談する
    4. 対応を依頼する(委任契約の締結)
    5. 事務所の対応開始~解決
  8. 自己破産後の闇金の注意点
    1. 勧誘に注意する
    2. 押し貸しに注意する
    3. 闇金を利用しない
  9. 闇金と自己破産に関するよくあるQ&A
    1. 自己破産する前に闇金へ完済した方がいいですか?
    2. 闇金からの借り入れが多いなら自己破産しても意味がないですか?
    3. 闇金対応や自己破産の依頼費用を一括で払えない時の対応法はありますか?
  10. まとめ

ヨシノ
闇金の相談先は様々ですが、自分に合った弁護士や司法書士を選ぶのがおすすめです。
無料で相談できるところも含めてこちらの記事で闇金の相談先については確認しておきましょう!

様々な事務所の中でも、ライタス綜合事務所は借金問題の実績が豊富でオススメですよ。
ライタス綜合事務所の口コミ・評判を見る>>

闇金問題は自己破産しても免責されない理由

闇金問題は自己破産しても免責されない理由

闇金問題と自己破産、これら二つの問題は密接に関連していますが、一般的に考えられるように、自己破産をすれば全ての借金がなくなるわけではないのです。

どういうことかと言いますと、闇金への借金については、自己破産しても免責されないのです。

いきなりこんな話をしてしまうとブラウザバックされてしまうかもしれませんが、少々お待ちください。

「自己破産をしても、なお、闇金には返さなければならないということでは”ない”」のです。意味が分かりませんよね。

ここでは、闇金問題が自己破産しても免責されない理由について、めちゃくちゃ分かりやすくかつ詳しくご紹介していきます。

ヨシノ
想像よりも斜め下の結論が待っています!

闇金への借金は法律上の借金ではないから

まずは、闇金への借金が法律上の借金とは異なるという点についてお話しします。

そもそも自己破産で免責される「債務・借金」とは、合法的な手段で生じた借金のことを指します。

つまり、銀行からの融資やクレジットカード代金など、法的に認められた形で借り入れた・使ったお金です。

しかし、闇金への借金はこれとは全く異なります。

なぜなら、闇金は違法金融であり、契約自体が無効であるからです。

詳細についてはお堅いクソ真面目メディア様(笑)にお譲りさせていただくとして、闇金からの借金はそもそも借金ではなく、民法上の不法原因給付という扱いになります。

不法な原因によって与えられたり給付されたものについては、返済の義務がないという建て付けですね。

つまり「闇金が免許も持たんと勝手に貸し付けたワケやさかい、そら借金ちゃいまんがな~」「借金とちゃうし返済する必要もないやで~」というのが、現在の日本の法律をめちゃくちゃ乱暴に意訳した結果です。(エセ関西弁でごめんなさい)

このため、借金自体も無効となり、法的に存在しない借金を自己破産で免責することはできないのです。

これが、自己破産しても闇金への借金が免責されない一つの理由です。

そもそも免責不許可事由に該当する可能性があるから

また、闇金への借金が免責されないもう一つの理由として、「免責不許可事由」に該当する可能性があるから。これがあります。

免責不許可事由とは、自己破産した際に、特定の事由があると全ての借金が免責されないという法律上の制度を指します。

例えば、「不当な債務負担及び不利益処分」や「偏頗弁済」などは、免責不許可事由に該当する可能性が挙げられるでしょう。

闇金への借金はこの「不当な~」という事由に該当する可能性が高いと言えますね。

つまり。

ぶっちゃけ、闇金問題は簡単には解決しないんです。

しかし、絶対に解決できないわけではありません。

裏技があります。

自己破産しても闇金問題が解決しない2つの理由

自己破産しても闇金問題が解決しない2つの理由

では、次に進みましょう。

自己破産したとしても、闇金問題が解決しない2つの理由を詳しく見ていきます。

ヨシノ
これもちょっと想像斜め下かもしれません。

督促が止まらないから

ぶっちゃけ、最初の理由は非常にシンプルです。

それは、督促が止まらないから。

つまり、闇金業者からの借金返済の催促が絶えないということです。

自己破産を申告しても、闇金業者は法律を無視して追い詰めてくることがあります。

これが、闇金問題が自己破産で解決しきれない大きな理由となるのです。

ていうか、そもそも闇金は客に自己破産されると「他の借金が免責になって、うまいこと自分たちの回収が進んでいくだろう!ラッキー!(ニチャァ)」くらいに考えます。イカれてますが、実際そんなものです。

ということで、かえって自己破産した方が督促が激化する可能性もあると思ってください。

中には正式な方法で債権者届というものを裁判所に出す闇金もいるかもしれませんが、そもそも契約自体が無効なので、一般的な闇金業者はこういったことをしない傾向にあります。

官報掲載者をターゲットに勧誘してくるから

次に、官報掲載者をターゲットに勧誘してくるからです。

「えっ、自己破産した人を狙うの?」と思うかもしれませんが、闇金業者にとっては「既に金銭的に困っている人」が最もターゲットにしやすいのです。そりゃそうですね。

また、自己破産者の名前が公になるため、闇金業者にとってはそれが「新たなビジネスリスト」になるのです。

よって自己破産しても闇金からの借金問題が解決しない理由の一つは、自己破産者が闇金業者の新たなターゲットになってしまうということです。

つまり単純な話で、闇金被害にあって何とかしようと自己破産をすると、今度はその事実が取引中の闇金以外の業者にも広く官報掲載という形で知れ渡ることになります。

そこから他の闇金業者が「お困りではありませんか」とか「自己破産しても追いかけてくる闇金から逃げていませんか」などと言って、追加の融資を持ちかけてくることすらあるのです。

結果的に甘い誘惑に勝つことができず、というより事実上そうせざるを得ない形になり、ついつい闇金から足を洗えずにいるというケースが非常に多いです。十分にご注意ください。

闇金の督促を止める方法まとめ

闇金の督促を止める方法まとめ

自己破産でも闇金から逃げられないなら、もう方法はないのでしょうか。

そんなことはありません。

世の中には闇金から生き延びて奇跡のカムバックを果たし、このようにブログメディアを書いている人もいっぱいいます。

ということで、闇金の督促を止める方法について「経験者」が一番効果があると思うものも含めていくつかご紹介していきます。

ヨシノ
世の中、いろんな解決法があります。あと大抵の問題は金でなんとかなります。マジです。それも意外と高くなかったりして。

消費者センター等に相談する

まず一つ目の方法として、消費者センター等に相談する方法があります。

消費者センターは、消費者が抱える問題に対する相談を受け付けてくれる施設です。

ぶっちゃけ、相談はのってくれますが、問題解決は自分で行う必要があります。

つまり、一緒に闇金と戦ってくれるわけではありません。

しかし、闇金への対応方法など、専門的なアドバイスをもらえるでしょう。

警察に相談する

次に、警察に相談する方法です。

闇金は違法な金融業者ですから、警察が介入することも可能です。

しかし、すぐに動いてくれるわけではありません。

警察にも手続きやルールがありますから、すぐに対応が進むとは限らないのです。

ただ、闇金からの脅迫などがエスカレートしている場合には、警察に相談することを強くおすすめします。

【おすすめ】闇金に強い弁護士・司法書士に対応を依頼する

そして、最後に最もおすすめする方法が、闇金に強い弁護士や司法書士に対応を依頼する方法です。

闇金問題は法律の知識を必要としますし、闇金との交渉も必要です。

そのため、専門家に依頼することで、安全に、かつスムーズに問題を解決することができます。

特に、このサイトで紹介している事務所は、24時間365日相談可能で、初回相談は無料です。

自分一人で闇金問題に立ち向かうのは難しいですが、専門家の力を借りれば、きっと光が見えるはずです。

ヨシノ
※当サイトからの闇金解決実績No.1
当サイトがおすすめする司法書士事務所はこちら

自己破産した方がメリットがある人の特徴

自己破産した方がメリットがある人の特徴

自己破産、聞くだけで少し怖い言葉ではありますが、この手続きがもたらすメリットも無視できません。

特に、以下のような特徴を持つ人にとっては、自己破産は一つの選択肢となり得ます。

ヨシノ
やったほうが良いパターンをまとめました。

免責されやすい債務が多い人

借金と聞くと、大抵の人は「借金は借金だし、どれも同じだろう」だと思うでしょう。

でも、ぶっちゃけ、全ての借金が同じではないんです。

法律上、免責が認められやすい債務というものが存在します。

この免責されやすい債務とは、一般的にクレジットカードの利用代金やローンなどを指します。まあ普通に借りたお金とか後払い代金、ですね。

これらの債務が大部分を占めている方は、自己破産によるメリットを享受しやすいと言えるでしょう。なぜならこの辺は実際に免責されている人も多く、業者側もなんだかんだ折れて自己破産に異議申し立てをしてこないケースが多いのです。

目安として今後3年かかっても借金を返済できない人

次に、借金返済に時間がかかる人も自己破産を考えるべきかもしれません。

具体的には、今後3年以上かかってしまうような借金の返済状況の人です。

今から3年以上経過しても借金返済が難しい、元金も減らないかもしれない、もっと時間がかかる、ということであれば、そもそも返済計画が現実的でない可能性もあります。

そんな時には、自己破産という選択肢を考えてみる権利があります。

督促を停止し平穏な日常を取り戻したい人

そして最後に、この項目は多くの人にとって共感を呼ぶのではないでしょうか。

それは、督促を停止し、平穏な日常を取り戻したいという人です。

借金に悩んでいると、精神的なプレッシャーは計り知れません。

毎日のように督促の電話がかかってくると、気持ちに余裕がなくなってしまいますよね。

自己破産すると、これらの督促が停止します。なんせ借金チャラですからね。

これは大きなメリットと言えるでしょう。

陽キャの皆さまには理解しづらいかもしれませんが、陰キャにはそういう事情もあるんですよ。平穏に暮らしたい、みたいな。はい。

ヨシノ
闇金問題についての無料相談なら司法書士法人ライタス綜合事務所がオススメです。≫今すぐ無料相談してみる

自己破産してもメリットが少ない人の特徴

自己破産してもメリットが少ない人の特徴

自己破産するとなると、誰しも「免責という光」を見つけたいものだと思います。

しかし、もし「免責されないタイプの借金が多い人」だった場合、本当に自己破産を選択すべきなのでしょうか?

詳しく見ていきます。

闇金など免責されない支払先が多い人

闇金とは違法な金融業者のことを指し、その借金は法律上存在しないとされます。

ですから、自己破産してもこれらの借金は免責されません

つまり、そういった支払先が多い方にとっては自己破産はあまりメリットがないというわけです。

ぶっちゃけ、闇金問題を抱えている方は、闇金対応特化の弁護士や司法書士に相談することをおすすめします。

自己破産よりも費用は安く、デメリットも少なく、ピンポイントで闇金業者との縁切りができるように、専門的な知見を持つ司法書士や弁護士の先生が対応してくれます。

コスパもタイムパフォーマンスもめちゃくちゃ良いです。

自己破産はマジのマジでリーサルウェポンであり、闇金以外の債務がめちゃくちゃあるという場合以外は、基本取らない方が良い選択肢だったりします。

目安として今後3年以内に借金を返せる人

こちらも自己破産のメリットが少ないパターンです。

なぜなら、自己破産するためには多額の費用と時間がかかるからです。

借金額が大きく、3年以上の返済が見込まれる場合などは自己破産を検討してみても良いかもしれませんが、「3年以内に返済できる」ようであれば、自己破産を選択する必要は無いかもしれません。任意整理や個人再生で頑張ってみましょう。

あくまで個々の状況によるため、専門家への相談が必要ですがね。

官報に名前が載りたくない人

さて、ここからは少々ネガティブな話になりますが、ご了承ください。

自己破産すると官報に名前や住所が掲載されてしまうのをご存じですか?

これは誰でも見ることができる一般公開情報であり、これが周辺の皆さまに知られてしまうと人間関係に影響を及ぼす可能性もあります。

つまり、自己破産は必ずしも万能ではないということを忘れてはなりません。

思い切って自己破産を選択するもよし、他の手段を探すもよし。

重要なのはあなた自身が納得のいく選択をすること、そして未来への一歩を踏み出すことです。

闇金や自己破産の相談先

闇金や自己破産の相談先

闇金問題や自己破産など様々な部分で助けを求めるべき頼りがいのある相談先をまとめてご紹介いたします。

法テラス

最初に出てくる選択肢No.1(当社比)は「法テラス」です。

法テラスは民事法律援助に関する法律に基づき設立された公的な法律支援団体ですから、まずは安心して相談できますよね。

で、法テラスの問題点は、闇金に強い弁護士が中々見つからないこと

行政等の無料法律相談

次に頼れるのが「行政等の無料法律相談」です。

大手企業とは違い、こちらは地元密着型で、住民の生活に密着した相談を受け付けています。

ただし、闇金対応に強い弁護士や司法書士に相談できる可能性は低いです。

でも、ぶっちゃけ、ピンチにはどんな助けでもありがたいですからね。

この辺の先生方に相談してから、改めて闇金などの司法書士や弁護士の先生に相談してみるという方法も取りうるものでしょう。

【おすすめ】闇金と債務整理に強い弁護士・司法書士事務所

じゃあ最後に、私のおすすめする「闇金と債務整理に強い弁護士・司法書士事務所」。これいっときましょうか。

この手の事務所は、一見すると「得体の知れないセンモンカ」に思えますが、その実、高い専門知識と豊富な経験を持ち、過去の膨大な対応実績からベストな対応や解決策を提案してくれる頼もしい存在なんです。

豆ですが、当サイトで紹介している事務所はヤミ金特化&全国対応&相談無料なので、一度頭の中を整理する意味合いでも、相談してみてはいかがでしょうか?

ヨシノ
闇金被害の相談なら「司法書士法人ライタス綜合事務所」が評判良いですね。 下の記事から口コミ・評判をチェックしてみてください。
≫ライタス綜合事務所の口コミ評判を見る

自己破産と闇金対応を事務所に相談~依頼する流れ

自己破産と闇金対応を事務所に相談~依頼する流れ

弱った時ほど、頼れる味方が欲しくなりますよね。

絶体絶命の闇金の債務整理、ぶっちゃけ、専門の事務所が強力な味方になってくれます。

だけど、そんな事務所をどこで見つけて、どうやって相談すればいいか分からない…そんな皆さんのために、ここでは自己破産と闇金対応を事務所に相談する流れを説明していきますよ。

闇金と債務整理に強い事務所を見つける

初めに、闇金問題や債務整理に詳しい事務所を探す必要があります。

ていうか、これが重要な第一歩です。

そんな事務所は、大抵、無料の相談窓口を設けているので、そういうところを探すのがポイントですよ。

闇金被害に特化した司法書士や弁護士の事務所は、あくまでイリーガルな業者との対抗に必要な知識を持っていますから、頼りになると言えますね。

事務所に問い合わせる・相談予約を入れる

次に、見つけた事務所に問い合わせ、相談の予約を入れます。

これだけで、一歩前進した気分になれますよね?ただ問い合わせるだけなのに、意外と躊躇しちゃうものですが、皆さんも思い切って電話をかけてみてください。

短時間でスムーズに予約が取れるはずです。

相談する

次に、詳しく相談をする段階です。

予約した日時に指定の方法で、担当者に詳細を説明しましょう。

相談するだけで、自分の問題が一人で抱え込むことから、他人にも分かち合える問題に変わります。

これで少し気が楽になるかもしれませんね。

対応を依頼する(委任契約の締結)

相談後、信頼できると判断したら、その事務所に対応を依頼します。

この時に委任契約を締結するのですが、その際は、費用や手続きの流れなど、しっかりと内容を理解するようにしましょう。

事務所の対応開始~解決

最後に、事務所の対応が始まります。

闇金との厳しい戦いが始まることになりますが、専門の職員や先生が対応してくれるので、やっと督促から解放され、ひとまず安心感を味わえるでしょう。

パートナーを見つけ、共闘することで、闇金問題という壁を乗り越えることができますよ。

そう、逃げずに闘うことが必要なんです。

闇金問題という厳しい局面でも、「諦めずに闘い続ける」ことが、解決への道を開く最初の一歩となるのです。

ヨシノ
闇金問題についての無料相談なら司法書士法人ライタス綜合事務所がオススメです。≫今すぐ無料相談してみる

自己破産後の闇金の注意点

自己破産後の闇金の注意点

何でも知ってるつもりのヨシノが自己破産した後に注意したい闇金の注意点についてお話します。

ヨシノ
ほんと、知ってるつもり。知ったかヨシノです。はい(笑)

勧誘に注意する

自己破産後、闇金業者から甘い囁きという名の悪魔的な誘いが襲いかかります

なぜなら、あなたの名前が官報に載るからです。

だからといって、甘い言葉に心奪われるのは絶対に避けてくださいね。

「でもどうしよう、また金が必要になったら…」そんな時には、公的な融資を頼りにしましょう。

押し貸しに注意する

そして、闇金業者は過去の貸し付け実績からあなたを見つけ出し、「困っているあなたに特別に…」なんて、押し貸しをしてくる可能性もあります

そんな時こそ、頑として断固たる態度で対処しましょう。

鉄壁の防御陣形を脳内で組み、闇金の押し貸しから身を守ってください。

闇金を利用しない

ぶっちゃけ、自己破産をしたら貸金業者からの借入は難しくなります。向こう10年くらいは厳しいと思ってください。

しかし、覚えておいてください。

闇金を利用するのは絶対に止めましょう。

実際のところ、最近の日本の行政や福祉も捨てたもんじゃなくて、ここ数年は特に新型ウイルス感染症の影響もあったりして行政がちょっと優しくなっていたりします。

あくまでも新型ウイルス感染症の影響で仕事がなくなったりして、ヤミ金に手を出してしまったというお膳立てさえあれば、それなりに支援が受けられる可能性があります。

具体的に言うと、平常時のスロットよりもちょっと確率は高い、つまり確変(高確)です。

闇金と自己破産に関するよくあるQ&A

闇金と自己破産に関するよくあるQ&A

ここで、闇金と自己破産に関してよく出る質問とその回答をまとめてみましょう。

疑問点は全て解消して、すっきりした状態で次のステップに進みましょう。

自己破産する前に闇金へ完済した方がいいですか?

全くその必要はありません。そもそも、闇金からの借金はここまでご紹介しているように、正規の借金ではなく不法原因給付に基づくものであり、返済の義務もありませんし、借金という認定もされないのが一般的な見解です。

ただし、状況によっては色々と段取りが異なりますので、注意が必要です。

闇金に詳しい弁護士や司法書士に相談し、一緒に最適な解決策を見つけましょう。

闇金からの借り入れが多いなら自己破産しても意味がないですか?

これも状況次第です。

まずは、闇金に詳しい弁護士や司法書士に相談をしてみましょう。

借入れが多いからといって、必ずしも自己破産が無意味になるわけではありません

闇金対応や自己破産の依頼費用を一括で払えない時の対応法はありますか?

あります、ご安心ください。

多くの事務所では分割払いに対応しています。

借金問題で困っているあなたをさらに追い詰めることはないので、まずは相談から始めてみましょう。

それが最初の一歩です。

今すぐライタス綜合事務所に無料相談してみる

まとめ

まとめ

一般的に自己破産は借金の免責が期待できる手段でありますが、実は闇金の借金については自己破産しても免責できないというのが現実です。

これは、闇金の借金は法的な借金ではなく、違法な手段で負わされた債務であるため、免責の対象外となるからです。

また、自己破産が解決策として適さない理由の一つとして、闇金からの督促が止まらない点が挙げられます。

法的な手段で借金を無くしても、法を無視する闇金の脅迫はなかなか止めることができません。

しかし、それらの問題にも対応できるのが司法書士や弁護士です。

また、債務整理や自己破産の手続きも適切に進めることができます。

ただし、自己破産後も闇金からの勧誘や押し貸しなどの注意点が存在しますので、それらから自身を守るためにも専門家のアドバイスを頼ることが重要です。

当サイトでは、債務整理全般に強く、無料で相談に乗ってくれる弁護士事務所・司法書士事務所をまとめています。

詳しくはこちらからご確認いただけます。

ヨシノ
ライタス綜合事務所は、受任実績が12,000件を超えている闇金対応の実績豊富な事務所です。
費用や口コミなど詳しい情報を知りたい方は、下記のリンクからチェックしてみてください。
ライタス綜合事務所の口コミ・評判を見る>>
【闇金解決に強い】当サイトで人気の弁護士・司法書士

\24時間365日受付/

ライタス綜合事務所で闇金を無料解決

※相談だけなら1円もかかりません

【闇金に強い】弁護士・司法書士事務所12選を紹介!口コミ・評判あり
  • この記事を書いた人

闇金情報編集部

闇金情報最前線は、多様化する金融トラブルについて様々な角度から取材をし、未然に金融トラブルを防ぐための方法や金融商品についてまとめています。万が一、ご表記や気になる点がありましたら、編集部にて直ちに修正させていただきますので、問い合わせフォームからお知らせください。

© 2024 闇金情報最前線|先払い買取/後払い現金化/ソフト闇金 Powered by AFFINGER5

\ 相談はもちろん無料!/
先払い業者・闇金の取り立てを最短即日で停止!
LINE or 電話で司法書士に0円相談する
\ 相談はもちろん無料!/
先払い業者・闇金の取り立てを最短即日停止!
LINE or 電話で司法書士に0円相談する