闇金対処法

【悲惨】闇金利用で口座凍結被害に!解除する方法から対処法まで解説

ヨシノ
(口座が凍結されて)カッチカチやぞ!カッチカチ!どうもヨシノです。

「闇金からの借金…それが始まり。」

「気がつけば、銀行口座が凍結され、日々の生活もままならない。」

「どうしてこうなったのか、何をすればいいのか…」

そんな悲惨な状況に陥ってしまったあなたへ、ここでは銀行口座の凍結解除の方法から闇金被害への対処法までを詳しく解説します。

最近の風潮では「記事の冒頭で結論をある程度先取りしてネタバレする」のが良いようなのでそうしますが・・・

闇金を利用した時に利用者の口座が凍結されるケースは結構あります。

理由としては、闇金の関係口座として金融機関に認識されてしまっていることが原因だったりするのですが、自力での凍結解除は結論から言うと非常に難しいです。

また、放置しているとご自身の名前と口座の情報が公的な機関によってさらされる可能性もあるので、十分に注意したいところ。

その他、口座凍結を放置していると今後の生活にめちゃくちゃ支障をきたすので、十分に注意してください。

それでは、記事を見ていきましょう。

本来、闇金(ソフト・LINE闇金を含む)は貸金業法・出資法における刑罰の対象となりますが、捕まえづらく犯罪の線引きがつきにくいことから、警察は動いてくれる可能性が低いといえます!

最も安全に闇金問題を解決するには「闇金に強い弁護士・司法書士への相談」だけです!

弁護士・司法書士を選ぶ際には、下のポイントを確認するのがおすすめ。

  • 着手金や相談費用が0円
  • 解決費用が安く分割払いにも対応
  • 職場バレや家族バレ対策が万全
  • 最短即日対応してくれる
  • 闇金問題の解決実績が豊富
条件を満たす司法書士・弁護士事務所は下の4つです!

【闇金解決に強い】当サイトで人気の弁護士・司法書士

↓無料相談受付中(LINE/電話可)↓

【仮名OK】闇金に強い司法書士に無料相談

※家族に内緒で解決も可能です


目次
  1. 【闇金利用で銀行口座が凍結】解除する方法まとめ
    1. 凍結理由を調べる
    2. 凍結要請を行った先を調べる
    3. 情報提供先に取り下げを依頼する
  2. 闇金被害で口座が凍結される理由
    1. 闇金業者の口座と誤認されているから
    2. 口座売買を疑われているから
    3. 特殊詐欺等に使われたから
  3. 口座凍結の解除が難しい理由
    1. 犯罪を疑われているから
    2. 口座売買がそもそも規約違反で凍結解除の必要がないから
    3. 無実を証明するのが難しいから
  4. 口座凍結による被害はある?放置するとどんな影響が?
    1. 残高を引き下ろせず引き落としもできない
    2. 他の銀行口座も凍結される
    3. 犯罪に加担したとみなされ最悪逮捕
    4. インターネット上に凍結された口座情報が公開される
    5. 残高が被害者に分配される
    6. 新規口座を開設できなくなる
  5. 闇金を利用すると口座凍結以外にも被害はある?
    1. 激しい取り立てをうける
    2. 携帯を契約するよう催促される
    3. 他の利用者を紹介するよう言われる
    4. 闇金への支払いのため別の闇金からお金を借りてしまう
  6. 闇金被害を拡大しない3つの方法
    1. 闇金との関係を断つ
    2. 借金問題を解消する
    3. 専門家に相談・依頼する
  7. 闇金による口座凍結被害を弁護士・司法書士に依頼する流れ
    1. 闇金に強い弁護士・司法書士を見つける
    2. 相談する
    3. 対応を依頼する
  8. 闇金被害による口座凍結解除に関するよくあるQ&A
    1. 自力での口座凍結解除は難しいですか?
    2. 弁護士と司法書士どちらに依頼すべきですか?
    3. 相談する時にあるとよいものはありますか?
  9. まとめ

ヨシノ
闇金の相談先は様々ですが、自分に合った弁護士や司法書士を選ぶのがおすすめです。
無料で相談できるところも含めてこちらの記事で闇金の相談先については確認しておきましょう!

様々な事務所の中でも、ライタス綜合事務所は借金問題の実績が豊富でオススメですよ。
ライタス綜合事務所の口コミ・評判を見る>>

【闇金利用で銀行口座が凍結】解除する方法まとめ

【闇金利用で銀行口座が凍結】解除する方法まとめ

皆さん、闇金利用で銀行口座が凍結されたとき、どうすればいいか知っていますか?その解除方法を一つ一つ詳しく解説していきます。

この情報を知っておくことで、もしもの時に迅速に対応できるようになります。

凍結理由を調べる

まず初めに、自分の銀行口座がなぜ凍結されたのか理由を調べることが重要です。

不正利用や犯罪利用、相続(名義人の死亡)、債務整理、認知症など、さまざまな理由が考えられます。

これを調べることで、次に取るべき行動が見えてきます。

まあ、この記事をお読みの読者の方々は大抵の場合、この後ご紹介する通り「闇金を使ってしまったことによって、不正利用だったり、犯罪利用口座だったり、そういった部分の枠組みで凍結されている可能性」が極めて高いです。

闇金以外の何かしらの理由がないかどうか確認する程度と認識いただいて構いませんよ。

凍結要請を行った先を調べる

次に、誰が自分の口座を凍結したのか調べましょう。

闇金しか心当たりがない場合は、警察や弁護士等から情報提供され口座凍結されている可能性があります。

こちらに関しても、闇金業者がご自身の口座を凍結するメリットなんて1ミリもありませんので・・・

ほぼほぼ金融機関が凍結を自主的に行ったか、弁護士や警察などの捜査機関から情報提供があり、金融機関が真っ青な顔をして口座を緊急凍結した可能性が高いです。

どっちにしても、極めて危険な状況であることには変わりありません。

情報提供先に取り下げを依頼する

情報提供先が分かったら、その先に取り下げを依頼しましょう。

誤解や誤認がある場合、ここで説明することで解決する可能性もあります。

これも一応段取り上ご紹介していますが、闇金を使ってしまった結果として銀行口座が凍結されている場合は、情報提供先に対して取り下げを依頼したとしても「はいそうですか」と言って口座凍結を解除してくれることはなかなか、可能性として高くありません。

闇金被害で口座が凍結される理由

闇金被害で口座が凍結される理由

では次に、なぜ闇金の被害で口座が凍結されるのか、その理由について解説します。

闇金業者の口座と誤認されているから

最初の理由として、自身の口座が闇金業者の口座と誤認され、警察や弁護士からの情報提供により口座凍結されることがあります。

これは誤認というか、実際そうだったりするんですけれども・・・

闇金業者は自分たちのメイン口座を債務者に開示するということをしない傾向にあります。

それはそうですよね、足がついちゃいますからね。

ということで、闇金に返済する人は、知らずに「新規の借り入れをする人の口座にお金を入れる」という段取りです。

<簡単な段取りまとめ>

Aさん:闇金に3万円を振込返済するつもり

闇金「あ、新規貸付け依頼をしたBさん?いまから3万、振込で貸付けしますわ。」「おう、Aさんよ、この口座(実際はBさんの口座)に返済金を振り込めや」

Aさん(債務者)からBさん(新規の債務者)に3万円が振り込まれる

これは文章で説明すると非常に厄介なのですが、奨学金で言うところのリレー口座のようなものだと思ってください。

誰かが返済したお金がまた別の誰かに貸し出されるお金というイメージです。

ところで、この流れを外から見てみると、新規の債務者であるはずのBさんの銀行口座が闇金の返済先口座に見えませんか?見えますよね。

金融機関も警察も、そういう風に見るのです。

ということで、Bさんは闇金に申し込みをしてお金を借りたつもりなのですが、このBさんの銀行口座が犯罪収益口座として金融機関に認められると、即座に口座凍結される可能性があるというわけです。

口座売買を疑われているから

次に、口座売買を疑われている場合もあります。

闇金業者が債務者から半ば強制的に「買い取る」形で口座を事実上乗っ取ってしまうケースがあり、その対策として口座が凍結されることがあります。

特殊詐欺等に使われたから

そして最後に、特殊詐欺等に口座が利用されたと疑われている場合もあります。

このような場合でも、口座が凍結されることがあります。

闇金業者は一般的に反社会的な勢力やいわゆる犯罪組織にかなり近いところに位置しています。

蛇の道は蛇というわけではないのですが、闇金関係の債務者から買い取ってきた口座だったり、闇金利用者の銀行口座を何らかの事情で闇金業者からその他の特殊詐欺グループなどに売り渡したり、貸し出したりするケースがたまにあります。

この時、闇金を使っていただけなのに、いわゆる裏バイト関係の非常に悪質な犯罪行為・特殊詐欺の受け皿として銀行口座が使われることがあり、この場合は闇金関係の口座凍結ではなく、特殊詐欺事案の犯罪収益口座として金融機関がかなりの勢いでガチガチに凍結することになります。

口座凍結の解除が難しい理由

口座凍結の解除が難しい理由

さて、なぜ口座凍結の解除が難しいのでしょうか?そもそも、闇金被害による口座凍結は一筋縄ではいかない問題です。

その理由を詳しく見ていきましょう。

犯罪を疑われているから

まず第一に、闇金利用による口座凍結が発生すると、犯罪に加担したと疑われる可能性があります。

正直、これは一般的な知見では解除が難しい部分です。下手したら警察の取り調べもあるでしょう。

なぜなら、自己弁護をしても状況が悪化するだけで、なかなか口座凍結の解除には繋がらないからです。

ヨシノ
ていうか、これはもう専門家の助けを借りることをお勧めします。

口座売買がそもそも規約違反で凍結解除の必要がないから

先ほども簡単に紹介しましたが、口座の売り買いは、そもそも金融機関からすれば重大な契約違反です。

この場合、口座の凍結どころか、下手したら口座の強制解約の処分が下っても債務者からすれば文句は一つも言えません。

そのように規約で決まっているからです。

さらに法律にも違反していますので、口座の凍結を解除してくれというのは本来「筋論」的にはかなり無理があるでしょう。

ということで、銀行口座の凍結解除は、金融機関からすれば「必要なし」という判断になるケースがほとんどなのです。

金融機関としては、口座凍結の解除が、そもそも段取りに入っていないので、解除されない。

こちらとしては、解除してほしいという二律背反があるため、なかなか口座凍結が解除されないというわけですね。

無実を証明するのが難しいから

そして最後に、自身の無実を証明するのが難しいからです。

闇金業者との取引があった事実は、銀行にとっては明らかな犯罪行為の証拠となります。

そのため、自分が闇金業者ではない、または口座売買を行っていないと証明するのは容易ではありません。

それどころか、自己弁護を試みると逆に疑いを深めてしまうこともあります。

そもそも、専門家なしでこの問題を解決するのは難しいと言えるでしょう。

ですから、私のアドバイスは、専門家の助けを得ることです。

これが最善の解決策と言えるでしょう。

ヨシノ
※当サイトからの闇金解決実績No.1
当サイトがおすすめする司法書士事務所はこちら

口座凍結による被害はある?放置するとどんな影響が?

口座凍結による被害はある?放置するとどんな影響が?

ていうか、口座が凍結されたらどうなるの?って思ってる人も多いはず。

そもそもなぜ口座が凍結されるのか、その理由とともに具体的な影響を一緒に見ていきましょう。

残高を引き下ろせず引き落としもできない

ヨシノ
正直、これが一番困るんじゃないかと思います。

口座が凍結されると、残高を引き下ろすことはもちろん、自動引き落としもできなくなります

つまり、生活費を引き出すことも、携帯電話の料金を払うこともできなくなるんです。

これはかなりのダメージですよね。

他の銀行口座も凍結される

さらに、ひとつの口座が凍結されると、他の銀行口座も次々と凍結される可能性があります。

これは「連鎖凍結」と呼ばれる現象で、一度これに巻き込まれると、全ての口座が使用できなくなることもあります。

ヨシノ
ついでに新規の口座開設もできなくなる可能性大。

犯罪に加担したとみなされ最悪逮捕

そして、口座が凍結されたことが発覚すると、犯罪に加担したとみなされ、最悪の場合、逮捕されることもあります。

これは本当に避けたい事態ですよね。

なんか読者の方から「嘘松」という言葉が聞こえてきそうなので、あえて言いますが・・・

犯罪に加担していませんという証明を、どのように自力で行えば良いのでしょうか。

そもそも、闇金を使っており、犯罪収益口座に転用されている場合は、この辺りから始めなければなりませんよ。

ほどんど司法試験に合格したけど、今はニートですとか、もともと弁護士でしたとか、そういうレベルの人じゃないと、自己弁護はほぼ無理です。

インターネット上に凍結された口座情報が公開される

口座が凍結されると、その情報は預金保険機構によって公開されます。

これにより、個人情報がインターネット上に晒される可能性もあります。

一応、今「可能性があります」という若干逃げを打ちましたが、預金保険機構が公開する情報は公告と言って国が定める公的な情報開示制度となります。

よって、ほぼほぼ確実に名前と銀行口座の支店名、番号および何でこのような処分が下っているのかといったことが公開されます。

確かに一定期間が経過すると、預金保険機構側でも情報開示を一部マスキングしてくれるなど配慮してくれるケースもあるのですが・・・

数年単位で情報が残り続けるケースが多く、また一部金融機関では正確な氏名の漢字まで公開されてしまいます。

今後の就職や銀行口座の開設において、何らかのリスクが生じる可能性が極めて高いと言えるでしょう。

ヨシノ
というより、銀行口座を新規に開設しようとすると、最近1ヶ月くらい時間がかかるってご存知でしたか?

これは犯罪収益移転防止法やマネーロンダリングの他、このような事例関連の要因が影響していると考えられ、この1ヶ月の審査期間の間に色々と預金保険機構への情報照会を含め調査を行うのです。

ここで口座凍結の事実が判明してしまうと

「もろもろ検討したけど、お客さんの口座を作ることはうちは今回遠慮させてもらいます。ごめんね」

的なノリの返事が届く可能性もあります。

残高が被害者に分配される

また、何もしないと、口座の残高が被害者への弁償に使われることもあります。

つまり、あなたが預けていたお金が、戻ってこなくなる可能性があるんです。

これも犯罪被害金の分配制度みたいなものがあり、この関係でせっかく口座に入っていたお金が被害者の方に問答無用で分配されてしまう可能性があります。

これも全く国の制度で決まっているので、よほど弁護士や司法書士をつけて異議申し立てを行わない限りひっくり返ることはないでしょう。

つまり、放置すると銀行口座が使えなくなるばかりか、入っていたお金まで他の人に分配されてしまいます。

新規口座を開設できなくなる

そして、口座が凍結されると、一定期間、新しい銀行口座を作ることができなくなります。

これは生活に大きな影響を及ぼします。

一定期間という話で、これまた若干の逃げを打ちましたが・・・

これははっきり言ってしまうと、ほぼ半永久的に解除されないと思っていただいて差し支えありません。

  

というのも、口座凍結をされた人は新規の銀行口座を何年間開くことができないみたいな決まりがないことにより、3年でこの辺りが解除されるかもしれませんし、30年経っても審査に通過できないままという可能性も十分に考えられるのです。
ヨシノ
今から10年くらい前に、多重債務者の方が集まる若干特殊な掲示板があったんですけれどもね。ここからプチ昔話。

そこでは銀行口座をもう20年以上作ることができないでいるから、ポイ活もできないし、アフィリエイトもできないと言っているレジェンドじいちゃんサイマーがいました。

このじいちゃんは、師匠とかレジェンドじじいとか呼ばれていたんですけども、今どうしているのか・・・銀行口座を作れているといいんですけど。

今すぐライタス綜合事務所に無料相談してみる

闇金を利用すると口座凍結以外にも被害はある?

闇金を利用すると口座凍結以外にも被害はある?

闇金利用による凍結被害を受けた場合、まだ他にも被害を受ける可能性があるという事実を知っていますか?

そもそも闇金とは、正式な許可を受けずに金利を法律を無視して高く設定し、借り手を苦しめる悪質な金融業者のことを指します。

そんな闇金からお金を借りると、口座凍結だけでなく、さまざまな被害を受ける可能性があるのです。

それらの被害について詳しく解説していきます。

激しい取り立てをうける

闇金からお金を借りると、まず最初に直面する可能性があるのが「激しい取り立て」です。

闇金は法律を無視して高額な利息を設定するだけでなく、返済が遅れると法外な取り立てを行います。

その取り立ては、日常生活を脅かすほどの執拗さで、精神的にも肉体的にも大きな負担となります。

これが闇金の怖さのひとつです。

携帯を契約するよう催促される

また、闇金からお金を借りて返済ができないでいると「携帯を契約するよう催促される」こともあります。

これは別に「15年ぐらい前の高校生カップルが付き合いだした記念に、通話料無料のウィルコムをお揃いで購入しようね♡って盛り上がる」、みたいなそんなキュンキュンする話ではなくてですね、口座売買と同じような段取りで、携帯電話回線まで債務者の人からぶんどってやろうという魂胆です。

というのも闇金業者は携帯電話回線の凍結リスクと日々戦いながら営業しています。

つまり、携帯電話回線なんてなんぼあってもいいもんですし、銀行口座も同様に、なんぼあってもいいものなのです。

注意ポイント

ということで、債務者の人がお金を返せない時には、代わりに携帯電話の回線を契約して持ってきたら、少しだけ返済は待ってやるとか、場合によっては貸し付けた金から天引きしてやるみたいな話になることがあります。

他の利用者を紹介するよう言われる

闇金業者からは、「他の利用者を紹介するよう言われる」こともあります。

地獄のお友達ご紹介キャンペーンですね。はい。

正直、これは被害を広げる行為で、道徳的にも問題があります。

闇金への支払いのため別の闇金からお金を借りてしまう

最後に、闇金を利用すると「闇金への支払いのために別の闇金からお金を借りる」ことになりかねません。

これは、闇金による借金の連鎖を生み出し、負債が雪だるま式に増大する原因となります。

そもそも闇金から借りたお金で闇金への返済をするというのは、借金地獄から抜け出すことが非常に難しくなる行為です。

今すぐライタス綜合事務所に無料相談してみる

闇金被害を拡大しない3つの方法

闇金被害を拡大しない3つの方法

正直言って、闇金被害を自力で解決するのはかなり難しいです。

しかし、被害を拡大させないためには自分自身が行動を起こすことが重要です。

それでは一体何をすべきなのでしょうか。

ここでは、3つの具体的な方法について紹介していきます。

闇金との関係を断つ

そもそも闇金というのは、違法な貸金業者のことを指します。

こうした業者との関係は、もちろん違法ですし、自分自身が法律を犯す可能性もあります。

したがって、第一に行うべきことは、闇金との全ての関係を断つことです。

ヨシノ
これが出来たら苦労しませんけどね。

もし闇金業者から連絡が来ても、絶対に応答しないでください

これが闇金問題を解決するための最初のステップです。

借金問題を解消する

次に、借金問題自体を解消することが重要です。

そもそも闇金を利用する背景には、適切な金融機関からの借入が困難であったり、高金利の借金に苦しんでいる人が多いのが実情です。

そこで、法的手段を用いて借金問題を解消する方法があります。

専門家に相談・依頼する

専門家に相談・依頼することも大切です。

闇金問題含めて借金問題は法律的な知識が求められるため、自力で解決するのは困難です。

そこで頼りになるのが、闇金問題に詳しい弁護士や司法書士です。

闇金問題を特化して扱っている弁護士・司法書士は24時間365日の無料電話相談やLINEでの相談にも対応していますので、まずは気軽に相談してみると良いでしょう。

ヨシノ
闇金問題についての無料相談なら司法書士法人ライタス綜合事務所がオススメです。≫今すぐ無料相談してみる

闇金による口座凍結被害を弁護士・司法書士に依頼する流れ

闇金による口座凍結被害を弁護士・司法書士に依頼する流れ

あなたの頭を悩ませている闇金による口座凍結被害。

早急に解決したいという方に向け、弁護士や司法書士に依頼する流れを整理していきます。

これから説明する情報をしっかりと頭に入れて、対策に取り組みましょう。

闇金に強い弁護士・司法書士を見つける

闇金に強い弁護士・司法書士を見つけることは、この問題を解決する第一歩となります。

インターネットや消費生活センターで情報を探し、評判や実績を考慮に入れて選びましょう。

ヨシノ
正直なところ、専門家の中には闇金問題に特化した人もいれば、そうでない人もいます。

闇金問題の経験が豊富な専門家を見つけることで、正確で適切なアドバイスが得られる確率が高くなりますよ。

相談する

闇金に強い専門家を見つけたら、相談することが次のステップとなります。

口座凍結だけでなく、闇金や借金問題を相談し、根本的な解決を目指すことがおすすめです。

そもそも借金問題は借金自体だけではなく、それが生じた背景や現在のライフスタイル、心の問題など、多方面から考える必要があります。

そのため、一方的に口座凍結の解除だけを求めるのではなく、専門家と一緒に全体像を見て対策を考えることが大切です。

対応を依頼する

専門家に相談したら、次に対応を依頼します。

ただし、その前に委任契約を結ぶことが必要となります。

この契約が結ばれると、専門家はあなたの代理人となり、闇金との交渉や法的な手続きを行います

また、無料の相談サービスを提供している事務所もあり、初めての相談は気軽に行えるでしょう。

そもそもなんですけど、借金問題を一人で抱え込む必要はないんです。

専門家の力を借りて、一緒に問題を解決していきましょう。

ヨシノ
※当サイトからの闇金解決実績No.1
当サイトがおすすめする司法書士事務所はこちら

闇金被害による口座凍結解除に関するよくあるQ&A

闇金被害による口座凍結解除に関するよくあるQ&A

これからは、闇金被害に遭い、口座凍結を解除する際によくある質問とその答えを紹介します。

この章を通じて、被害者が何をすべきか、何を心配しなくても良いのかを理解するための一助となりますように。

ヨシノ
良い情報があるということを信じて読み進めてください(笑)

自力での口座凍結解除は難しいですか?

正直なところ、自力での口座凍結解除は難しいといえます。

なぜなら、法律や金融の専門知識が必要であり、手続きには膨大な時間と労力が掛かるからです。

普通に考えて、たださえ頭の固い銀行マンを説き伏せるなんてバカ難易度ですよね。かたや金融のプロで絶対に凍結したいマン、かたやヤミ金利用者で口座凍結された挙げ句に分の悪い多重債務者。普通に考えて「無理ゲー」です。無理ゲー。

また、一度口座が凍結されると、誤解を解くためには証拠が必要となり、これも大変なご苦労を伴います。

確かに自力で解決するための情報がネット上には溢れていますが、そのすべてが正しいわけではなく、中には間違った情報や悪質なサイトも存在します。

そこで引っ掛かってしまうと、さらなる被害を招く恐れもあるでしょう。

ですので、専門家に相談するのが一番安全で確実な方法といえます。

弁護士と司法書士どちらに依頼すべきですか?

闇金被害による口座凍結に対応するためには、まず法的な知識と経験が必要です。

そのため、弁護士や司法書士に依頼することが一般的です。

どちらに依頼するべきかは、個々のケースによりますが、基本的には、闇金業者に対抗するための専門知識と経験が豊富な司法書士に依頼することがおすすめですね。

相談する時にあるとよいものはありますか?

闇金被害に遭った際に口座凍結解除の相談をする時、必要なのは闇金との取引履歴ややり取りの記録です。

これらの記録があることで、弁護士や司法書士も具体的なアドバイス・対応を行いやすくなるでしょう。

例えば、メールや電話でのやり取り、借りた金額や利息、返済状況などが詳細に記録されていれば、それが強力な証拠となり得ます。

また、名前や住所、連絡先など闇金業者の情報も(あれば)重要です。

まとめ

まとめ

闇金を利用してしまい、銀行口座が凍結されてしまった場合、一刻も早く対策を取らなければならない事態に陥っている可能性が高いですよね。

ただ、一見複雑そうな問題でも、一歩一歩解決へと進んでいくための具体的なステップがあるんです。

まず凍結理由を調べ、それが闇金の利用によるものであることが判明したら、情報提供した先(警察や弁護士など)に凍結解除を依頼する方法があります。

また、闇金被害が原因で口座が凍結されてしまう理由や、解除が難しい理由、放置してしまうとどのような影響が出るのかをお伝えしました。

闇金利用による口座凍結以外にも被害が広がる可能性があるため、被害を抑えるための具体的な方法もお伝えしました。

それらを確認し、早急に対応することが大切です。

ちなみに消費生活センターや金融機関の窓口もありますが、闇金問題に強い弁護士や司法書士に依頼することを強く推奨します。

このような事態に直面している方は、当サイトがまとめた債務整理に強い弁護士・司法書士のリストをチェックしてみてください。

大変な状況かと思いますが、正しい知識と適切な対応で必ず解決の道は見つかります。

あなたの一歩が、あなたの未来を切り開くことになるでしょう。

無料の相談も可能な事務所が多いので、まずは相談から始めてみてはいかがでしょうか。

詳細は、こちらのボタンからご確認いただけます。

ヨシノ
ライタス綜合事務所は、受任実績が12,000件を超えている闇金対応の実績豊富な事務所です。
費用や口コミなど詳しい情報を知りたい方は、下記のリンクからチェックしてみてください。
ライタス綜合事務所の口コミ・評判を見る>>
【闇金解決に強い】当サイトで人気の弁護士・司法書士

\24時間365日受付/

ライタス綜合事務所で闇金を無料解決

※相談だけなら1円もかかりません

【闇金に強い】弁護士・司法書士事務所12選を紹介!口コミ・評判あり
  • この記事を書いた人

闇金情報編集部

闇金情報最前線は、多様化する金融トラブルについて様々な角度から取材をし、未然に金融トラブルを防ぐための方法や金融商品についてまとめています。万が一、ご表記や気になる点がありましたら、編集部にて直ちに修正させていただきますので、問い合わせフォームからお知らせください。

© 2024 闇金情報最前線|先払い買取/後払い現金化/ソフト闇金 Powered by AFFINGER5

\ 相談はもちろん無料!/
先払い業者・闇金の取り立てを最短即日で停止!
LINE or 電話で司法書士に0円相談する
\ 相談はもちろん無料!/
先払い業者・闇金の取り立てを最短即日停止!
LINE or 電話で司法書士に0円相談する