闇金情報

給料ファクタリングは闇金?トラブル解決には弁護士が最適な理由

給料ファクタリングは闇金?トラブル解決には弁護士が最適な理由
ヨシノ
私はどこから来てどこへ行くのか・・・そんなことはどうでもいいからお金がたくさん欲しい。どうもヨシノです。
給料ファクタリング・・・ちょいちょい耳にする言葉です。なにやら大手消費者金融ではお金を借りれなくなった人向けの便利な金策方法のような・・・

「お金に困ってるし、自分もちょっとやってみようかな」という人もいるかもしれません。

でも、ちょっと待ってください。給料ファクタリングは闇金ではないかとも言われています。つまり、手を出してはいけないもの、ということです。

そこで本記事では、給料ファクタリングとは何か、その違法性や闇金との関連性、そして給料ファクタリングを利用した場合に起こることとその対処法について、まとめました。

ぜひ参考にしてみてください!

闇金トラブル(ソフト・LINE闇金を含む)には、民事不介入の原則から警察は動いてくれません!

最も安全に闇金問題を解決するには「闇金に強い弁護士・司法書士への相談」だけです!

弁護士・司法書士を選ぶ際には、下のポイントを確認するのがおすすめ。

  • 着手金や相談費用が0円
  • 解決費用が安く分割払いにも対応
  • 職場バレや家族バレ対策が万全
  • 最短即日対応してくれる
  • 闇金問題の解決実績が豊富
条件を満たす司法書士・弁護士事務所は下の3つです!

【闇金解決に強い】当サイトで人気の弁護士・司法書士

↓無料相談受付中(LINE/電話可)↓

【仮名OK】闇金に強い司法書士に無料相談

※家族に内緒で解決も可能です

ヨシノ
闇金の相談先は様々ですが、自分に合った弁護士や司法書士を選ぶのがおすすめです。
無料で相談できるところも含めてこちらの記事で闇金の相談先については確認しておきましょう!

様々な事務所の中でも、ライタス綜合事務所は借金問題の実績が豊富でオススメですよ。
ライタス綜合事務所の口コミ・評判を見る>>

 

【まだまだ多い】給料ファクタリングとは

【まだまだ多い】給料ファクタリングとは

給料ファクタリングとは、給与の支払日よりも先に、労働者が給料ファクタリング業者に給与債権の一部を安値で買い取ってもらう、というものです。

例えば、5万円をもらうことになっている給与の債権の一部を2万円で買い取ってもらいます。そして給与支払日になったら、労働者が給料ファクタリング業者に5万円を支払うというものです。

ヨシノ
これ、2万円を利息3万円で借りているようなものだと考えると・・・いやはや恐ろしい・・・

この給料ファクタリング、最近は最高裁判決や摘発が続いており実はほぼ絶滅危惧種です。

それでも、ほそぼそと営業しているケースも未だにあります。
 

給料ファクタリングの違法性を解説

給料ファクタリングの違法性を解説
では、給料ファクタリングの違法性を詳しくみていくことにします。

ポイントは

  • 「実質貸金業である」
  • 「手数料を金利で考えると明らかに違法」
  • 「給料ファクタリングに対する裁判所の判断がすでにある」

この3点です。
 

実質貸金業

まず大前提として、労働基準法に則れば、給与には直接払いの原則があります。

雇用者は労働者に対して給料を直接支払わなければならないのです。

ところが、給料ファクタリングを利用すると、労働者に対して支払われた給料をファクタリング業者に送金することになります。

このような、労働者から第三者への権利移転は認められません。

注意ポイント

このため、これは貸付行為にあたると判断されます。

貸金業法によると「不特定多数の人に反復継続して金銭を貸し付ける場合は貸金業者に当たり、貸金業者登録が必要」とあります。

そして、給料ファクタリング業者の多くはその登録をしていません。

実質貸金業にも関わらず貸金業者の登録をしていないというのは、明らかに違法です。
 

手数料を金利と考えると違法状態

さらに、多くの給料ファクタリング業者は出資法の金利を上回っていると見なせます。これも彼らの違法行為です。

ポイント

利息制限法によれば、法定の上限金利は「年利」で最高でも20%です(これは借りた金額により異なりますが、20%を超えることはありません)。

逆に言えば、給料ファクタリング業者でも、貸金業登録をしていて、法令が認める金利の範囲内での手数料設定であれば違法でない可能性もあると言えます。

なお、貸金業者は金融庁HPにて確認が可能です。

ヨシノ
この「登録貸金業者情報検索サービス」は覚えておくと何かと重宝します!

 

給料ファクタリングに関する裁判所の判断は?

給料ファクタリングは実質貸付であり、貸金業法や出資法の適用対象と判断した判決がすでに存在します。東京地裁令和2年3月24日の判決です。

参考URL:http://kawakami-law.com/?p=5022

問題となった契約では、例えば額面10万円の給与債権を6万円で譲渡した場合、利用者は給料ファクタリング業者から10万円で給与債権を買い戻す契約とされていました。しかし、裁判所はこの取引は法律に定める利率である20%を大きく超えるため、契約は無効であると判断しました。

 

給料ファクタリング=闇金説の真相は?

給料ファクタリング=闇金説の真相は?
ここまで述べたように、給料ファクタリングは貸付業に該当します。しかし、貸金業登録をしていない業者がほとんどです。

そして、手数料を金利と考えると法定上限の20%を超えるケースが多くみられます。

このような給料ファクタリングは、闇金業者が行っているケースが多くみられます。

ヨシノ
給料ファクタリングは闇金の隠れ蓑のひとつ!覚えておいてね

 

給料ファクタリングを利用すると起こること

ここでは、給料ファクタリングを利用した場合のリスクを解説します。
 

個人情報の流出

闇金業者は、他の闇金業者との間で顧客の名簿を売買することがあります。

給料ファクタリングの利用者は資金に困っていると判断され、闇金業者のカモになりやすい傾向にあります。

注意ポイント

そのため、個人情報が流出すると、自分が利用している給料ファクタリング業者とは別の闇金業者から勧誘が増える可能性があります。

ヨシノ
悪いヤツらは裏で繋がっているもの!そう考えておきましょう。

 

執拗な取り立てや嫌がらせ

給料ファクタリングを行なっているのが闇金業者である場合、延滞時には執拗な取り立てを受けるリスクがあります。

延滞時の督促については貸金業法でその方法や時間帯を決められていますが、違法業者はそもそも貸金業者登録をしていないことが多いことは上に述べた通りです。

そのため、昼夜問わず督促の電話をしてきたり、自宅や会社への取り立てや嫌がらせを行うこともあります。
 

高額な手数料による資金繰りの悪化

闇金業者の給料ファクタリングについては、手数料を年利に換算すると数百%以上になることもあります。

注意ポイント

給与は本来100%本人が受け取れるはずのものですが、給料ファクタリングの高額な手数料を支払うことにより、手元に入る現金が減り、結果的に生活を圧迫することになります。

つまり、現金に困り頼ったはずの給料ファクタリングによって、生活のための資金繰りがより厳しくなるという悪循環です。

ついには、毎月給料ファクタリングを利用せざるを得ない状況になる場合もあります。

ヨシノ
繰り返しになるけど、給料ファクタリングを利用する=闇金から金を借りる、だと考えてください。

 

給料ファクタリングのトラブルを解決するための相談先

給料ファクタリングのトラブルを解決するための相談先
では、給料ファクタリングを利用してトラブルとなった場合、どこに相談すれば良いのでしょうか。

ここでは、解決のための相談先について解説します。
 

【最適解】弁護士

一番良いのは、弁護士に相談することです。

特に闇金に強い弁護士であれば、給料ファクタリング業者とも的確な交渉をおこなってくれます

返済の目処が立たない場合も、債務整理など、依頼者に合った解決方法を提案してくれます。
 

法テラスへ相談する

法テラスとは、日本司法支援センターという国によって設立された法律トラブル解決のための総合案内所です。

そしてこの法テラスでは、弁護士や司法書士を紹介してもらえます。

しかし、必ずしも給料ファクタリングに強い先生に当たるわけではない点には、注意が必要です。

ヨシノ
いくら優秀と評判の弁護士の先生でも、離婚訴訟に強い先生では、この問題はスムーズに解決できないものなんです・・・

 

警察

実は、警察庁からも無登録の給料ファクタリング業者を利用しないよう注意喚起がされています。

参考URL:https://www.keishicho.metro.tokyo.lg.jp/kurashi/higai/yamikin/kyuyofakuta.html

警察は一時期は民事不介入を理由に、借金問題に介入することに消極的でしたが、闇金被害への取締要請が強くなり、以前よりは動いてくれる傾向にあります。

とはいえ、仮に被害届を受理してくれても、捜査の開始や業者の逮捕までには時間がかかります。その間、借金の返済や執拗な取り立てが終わることはありません。

ヨシノ
警察も少しは協力的になってきているようだけれど・・・それでもまだまだ弁護士がベストですね

 

給料ファクタリングを利用する前にできること

まとめ給料ファクタリングを利用する前にできること

注意ポイント

何より大事なことは、お金に困っても、給料ファクタリングを利用しないことです。

借金の返済を給料ファクタリングでなんとかしようとしているのであれば、根本的解決を考えるべきです。

ここでは、給料ファクタリングを利用する前に検討できることを解説します。

それぞれの長所・短所を見極めて、有効に活用してください。そして、わからないことがあれば、弁護士に相談してみましょう。
 

任意整理

任意整理とは、債権者と債務者が交渉を行い、無理なく完済できるように調整することです。

将来利息のカットや、返済期間の延長が期待できますし、月々の返済額をかなり抑えられます。

また、裁判所を介さずに解決できるため、会社や家族に借金問題がバレにくいという長所もあります。加えて、整理する債権を選択できます。
 

個人再生

個人再生とは、裁判所に現在の借金が返済困難であることを申告し、返済方法の調整などを認可してもらう制度です。

ポイント

これを活用すると、借金を最大90%減額でき、残った金額を3〜5年で返済していく流れとなります。

個人再生は、後述する自己破産と異なり、家や不動産など財産を手元に残すことも可能です。ただし、減額後にも借金は残るため、長期的に返済できる安定した収入があることが条件となります。

ヨシノ
今の家に住み続けつつ生活再建をしたい・・・といった時には有効な選択肢です

 

自己破産

自己破産とは、破産申請を行ない、免責許可をもらうことで借金を免除する方法です。

借金がなくなるため、生活を立て直しやすいという長所があります。ただし、一部の自由財産(総額99万円)を除いて財産を処分する必要があるため、失うものが多いのも特徴です。

また、保証人に迷惑をかけてしまうことや、手続き中は職業制限を受けるという短所もあります。


 

まとめ

まとめ
今回は、給料ファクタリングとは何か、その違法性や闇金との関連性、そして給料ファクタリングを利用した場合に起こることとその対処法について、説明してきました。

繰り返しますが、給料ファクタリングは闇金が関わっていることも多いため、利用は避けるべきです

注意ポイント

利用してしまうと、高額な手数料を支払うだけでなく、個人情報の流出や延滞時の執拗な取り立てなどのトラブルが起こる可能性が非常に多くあります。

こういった給料ファクタリングのトラブルだけでなく、根本的な借金の解決を目指すためにも、弁護士に相談することをおすすめします

厳選した弁護士のリストはこちらのボタンからご確認いただけます!

ヨシノ
ライタス綜合事務所は、司法書士歴30年以上の歴史ある事務所です。
口コミや詳しい情報を知りたい方は、下記のリンクからチェックしてみてください。
ライタス綜合事務所の口コミ・評判を見る>>
【闇金解決に強い】当サイトで人気の弁護士・司法書士

\24時間365日受付/

ライタス綜合事務所で闇金を無料解決

※相談だけなら1円もかかりません

【闇金に強い】弁護士・司法書士事務所13社を紹介!口コミ・評判も紹介

  • この記事を書いた人

ヨシノ(闇金情報最前線 編集部代表)

闇金のことなら何でも聞いてください。 元多重債務者ライター「ヨシノ」です。

© 2023 闇金情報最前線|先払い買取/後払い現金化/給料ファクタリング

\ 相談はもちろん無料!/
後払い業者・闇金の取り立てを最短即日で停止!
LINEor電話で司法書士に無料相談する
\ 相談はもちろん無料!/
後払い業者・闇金の取り立てを最短即日停止!
LINE or 電話で司法書士に無料相談する