最新金策情報・コラム

【審査なしでお金を調達する方法】生命保険の契約者貸付制度とは?

2020年10月29日

後払いがツケ払い現金化の利用を検討するようになるくらいまで貸金業者の審査が通らなくなると、検討したいのは審査なしでお金を調達する方法です。

しかし世の中そんな甘い話はあるのでしょうか?

ここでは合法的かつ、成功すれば速やかにお金を調達する方法である「生命保険の契約者貸付制度」についてご紹介します。今、現金をなんとか手に入れたいという方はまずこちらをご覧ください。

資金調達に審査はつきもの?


Q.資金調達に審査はつきものなのでしょうか?

A.いいえ、そんなことはありません。

貸金業者などの広告やCMの影響で、お金を貸し付けてもらうには審査がつきものだという固定概念がありますが…実際そんなことはないのです。

そもそもなぜ資金調達には「審査」がつきものなのでしょう?

理由は単純明快です。お金を貸し付ける時、一般的なカードローンや消費者金融の貸付は担保の提出を求めません。つまり本人との信用取引オンリーでお金を貸すことになるわけです。

しかし、それだと、

  • お金が本当に返ってくるか?
  • 回収できるかどうか?
  • この辺りが貸し付ける側としては不安材料として残ってしまうわけです。
    そこを解決するために、個人信用情報機関という存在があります。

    個人信用情報機関ではそれぞれ個人のお金の貸し借りに関する流れなどをまとめていますので、どの程度返済ができているのかをチェックすることができます。

    つまり、逆転の発想で資金調達の際に提出できる担保があれば、特に審査など必要なくお金を借りられるというわけです。

    ヨシノ
    ここでいう審査とは、一般的な個人信用情報機関への情報照会を含む金融の審査となります。

    審査なしでお金を調達する方法・生命保険編


    とはいうものの、一般的な個人でカードローンの審査に通過するのが厳しいという情勢に置かれている状態で提出できる担保はそう多くはありません。

    そこで使いたいのが生命保険です。
    生命保険では「契約者貸付制度」を利用できるケースがあります。

    もちろん、最近は契約者貸付制度が利用できない生命保険もありますので注意が必要です。しかし、まず自分が条件に該当しているかどうか確認してみるくらいは、やってみても損はないでしょう。

    契約者貸付制度とは?


    生命保険は解約すると解約返戻金を受け取れるケースがあります。しかし、一時的な資金繰りのために生命保険をまとめて解約するまで行くと、それは少し大げさすぎる・・・そんなケースもあるでしょう。

    また、解約してしまったら生命保険がなくなってしまいますから、不安が残るのも当然です。

    そこで生命保険のシステムを使いながらにして、お金を貸してもらえる制度である契約者貸付制度の出番というわけです。

    ★契約者貸付制度とは★
    契約者貸付制度とは、生命保険の解約返戻金の一部を保険会社から借り入れできる制度を言います。

     

    契約する時に保険の営業マンや担当者から「しばらく支払いを続けてもらえれば、契約者貸付制度が使えるケースもあります。すぐにお金を貸し付けられますので困った時には使ってくださいね」と言われるケースもあるのではないでしょうか。

    過去にそんな話をされたかもしれない・・・という方は、契約者貸付制度を利用できる可能性が高いといえます。

    まずご自身がこの制度を利用できる対象者かどうか、各保険会社の担当へ問い合わせてみましょう。

    契約者貸付制度の流れ


    契約者貸付制度の利用方法は、複雑なようでいて実はシンプルです。

    まずは、手元に保険証券などがないか確認しましょう。保険会社からは定期的に生命保険などに関する現在の契約内容を知らせる書面が届きますので、そちらでも結構です。

    その中に、契約者貸付制度についての記載がないか確認しましょう。もしくは、契約者貸付制度を利用した場合に借りられる金額として限度額が記載されているケースもあります。

    ここに具体的な金額が掲載されていれば、ひとまずあなたは契約者貸付制度でその金額を上限として手に入れられる可能性が高いと言えるでしょう。

    この制度を知らなかった、という方は契約者貸付制度の利用申請などをしたことがないケースがほとんどですので、保険担当者に電話を入れて契約者貸付制度を利用したい旨を伝えてみてください

    またかなりの年数、保険の担当者と連絡を取っておらず、当時の担当者が既に退職してしまっている場合なども考えられます。その場合は契約している保険会社のコールセンターに問い合わせて、制度が利用できるか確認しましょう。

    利用ができる場合は、振込もしくはATMなどからお金を引き出すことが出来ます。担当者の指示に従って手続きを進めてください

    まとめ


    貸付制度は、契約時に理解はしているものの資金繰りに困るとなかなかアイディアとして浮かんでこない裏技的なものでもあります。

    事実、消費者金融の審査などとは一切関係なく、既に払い込んである保険金から貸付を受けられますので、いわゆる金融的な審査もありません。

    ただし、返済は必要となりますので、返済のプランも考えながら資金調達を行うようにしましょう。

    契約者貸付制度などではどうにもこうにもならない場合は、債務整理手続きを検討してください。

    債務整理は弁護士や司法書士が手続きをしてくれる借金減額の手段です。デメリットもありますが、借金をチャラにすることもできます。

    ヨシノ
    債務整理の無料相談は平柳司法書士事務所がおすすめです。実際の口コミ評判も良いですよ。
    平柳司法書士事務所の口コミ・評判を見る>>

    \24時間365日受付/

    無料で平柳司法書士事務所に相談してみる

    ※家族にバレずに借金の減額が可能です

    © 2021 闇金情報最前線