最新闇金情報 後払いツケ払い業者一覧

【廃業】後払い現金化デジアートへの返済は必要ない!?口コミ評判や会社情報も紹介

2021年1月15日

デジアート_後払いツケ払い現金化

2021年5月デジアートの廃業を確認

追記

2021年3月17日の時点でデジアートが後払い現金化で全国初の一斉提訴されました。
下記のニュース記事によると「後払い現金化業者6社に一斉提訴した」などの内容が記載されており、表示されている画像の商品名(パワーオブウィーク)がデジアートが販売していた商品と一致していたことから、デジアートは提訴されたことにより、現在は廃業となっている可能性が高いでしょう。

デジアートが提訴されているとなれば、返済の義務がなくなり被害金を請求できる可能性があるので、元利用者の皆さんは弁護士・司法書士に相談してみることをおすすめします。

デジアートの手数料を年利換算すると年1000%を超えていたので、闇金並みの利息を取っていたことは明らかです。

ヨシノ
デジアートで後払い現金化していた場合は、「平柳司法書士事務所」に相談してみると良いですよ。
デジアートだけではなく、ほかの後払い業者への返済も必要なくなる可能性が高いです。
→平柳司法書士事務所の口コミ評判を見る

平柳司法書士事務所に無料相談する

 

簡単なレビューを書くことで報酬を受け取れると話題の後払いツケ払い現金化サービスが、「DIGART(デジアート)」です。

手元に資金がなくても、デジタル現代アートを手軽に購入することができるサービスとしても知られていますが、実は闇金ではないかという噂もあります。

今回はそんなデジアートのサービス内容や手数料、口コミ評判や闇金の噂の真相などを一緒に見ていきましょう。

ヨシノ
後払い現金化業者や闇金に嫌がらせを受けていませんか?
ヤミ金被害の無料相談はコチラから!

 

困ったときのDIGART(デジアート)!

後払いツケ払い現金化サービスデジアートで後払いツケ払い現金化を行うためには審査が必要となりますが、消費者金融などの審査と比べるととても簡単なものです。さらに、勤務先に電話をする在籍確認もないため、気軽に申し込みができるようになっています。

レビューに対し不安を感じる人もいますが、短文で良いため、文章力を求められることもありません。

その手軽さから、

  • 給料日までに少しお金が足りなくなりそう
  • 急にお金が必要になった
  • 会社にバレずにお金を調達したい

という時には最短15分で報酬を受け取れるデジアートが便利と注目を集めています。

後払いツケ払い現金化については以下の記事で詳しく解説しています。
→最近利用者急増中の「後払いツケ払い現金化」とは?

 

DIGART(デジアート)の運営会社はどこ?

以下はDIGART(デジアート)の公式サイトに掲載されている運営会社情報です。

デジアート_top

サービス名 DIGART(デジアート)
運営会社 株式会社 信カンパニー
所在地 長崎県北松浦郡佐々町石木場免7-8
代表者 川野 義信
電話番号 0956-37-8808
mail 不明
URL https://digiart-japan.com/(閉鎖)

デジアートを運営している会社の情報を、簡単にまとめてみました。

公式サイトには、会社概要のページが用意されており、運営会社や代表者氏名など必要な情報を確認できるようになっています。全く情報がない後払い現金化業者と比べると、安心感がある業者と言えるでしょう。

注意

ただ、情報を公開しているからといって、闇金ではないとは言い切れないので注意が必要です。
後述しますが後払い現金化業者は闇金並みの手数料を取っていることは間違いないので、利用しないのが1番です。

 

DIGART(デジアート)のサービス内容

デジアートが提供しているのは、手持ちの現金がない人でも、ツケ払いという形でデジタル現代アートを購入できるサービスです。支払いは最長1ヶ月先で良いことになっています。

ツケ払いの利用には審査が必要ですが、最短5分程で終わる簡単なものです。審査完了後、購入したデジタル現代アートはすぐに受け取れる上に、商品に関するカスタマーレビューを書けば広告宣伝活動の協力金を受け取れます

商品の購入代金は1ヶ月先などのツケ払いを選べるのに対し、広告宣伝費は申込から受け取りまで最短15分程度となっていることが、デジアートの特徴です。

 

DIGART(デジアート)の口コミ評判を5chで調査!

デジアートは本当に便利なサービスか、安心して利用できるかを知るためには、口コミの確認が有効です。実際に、デジアートを利用したという人の口コミを5ちゃんねるからいくつか集めてみました。

デジアート今日めちゃ早いよ
10時に申し込んで12時着金

引用元:5ちゃんねる

デジアートは商品確認!のだんかいになればそこそこ早い
それまではむっちゃ遅いけど

引用元:5ちゃんねる

デジアート既読つかない

引用元:5ちゃんねる

デジアート確かに既読つかないな

引用元:5ちゃんねる

デジアートに関する口コミは、賛否両論です。

スムーズに手続きが進んだという声もあれば、なかなか既読にならいなど、対応に関して問題があるという声もあります

そのため、申し込むタイミングによっては審査や報酬の受け取りには少し時間がかかることもあると考えておく方が良いでしょう。

報酬の振込などに関しては、しっかりと行って貰えるようです。

 

DIGART(デジアート)の手数料は?

デジアートの料金表は以下となります。

    【ツケ払い金額】35,000円→【受取り金額】17,000円

    【ツケ払い金額】50,000円→【受取り金額】30,000円

3万5,000円のデジタルアートをツケ払い(後払い)で購入し、先に1万7,000円を受け取ります。その後、ツケ払いの費用(3万5,000円)を給料日に支払う流れとなります。

上記の場合、1万8,000円を手数料としてデジアートに支払わなければなりません。手数料は1回の利用で約66%~106%なので、年利で計算すると792%~1272%です。

貸金業法で定められている上限金利は年利15%~20%なので、デジアートのツケ払いサービスはほぼ闇金と言えるでしょう。

ポイント

後払いツケ払い現金化はまだ金融庁から指摘を受けていないので、このような暴利がまかり通っている状況です。金融庁が「貸金業」と認めれば闇金と認定され、給料ファクタリングと同じように摘発され始めるでしょう。

 

DIGART(デジアート)は闇金なのか?

後払い・ツケ払い業者はヤミ金デジアートに関する評判などを確認すると、目に入ってくる言葉が闇金です。ただ、デジタル現代アートの販売業者が、どうして闇金と言われるのか分からないという人もいるでしょう。

デジアートが闇金という疑いをかけられているのは、手数料を利息と考えた場合、闇金と変わらない金利になるのではないかという疑いがあるためです。

ファクタリング業者が、闇金の一種として摘発されることが増え、デジアートのような後払い現金化サービスも違法行為を行っている業者と言われることが増えてきています。

少しでも怪しいと感じるのであれば、利用は避けておく方が賢明かもしれません。

 

DIGART(デジアート)を利用してしまった時は?

後払いツケ払い・ヤミ金を利用したら大変なことにデジアートが違法行為を行っているのであれば、これから先どんな対応をしていけば良いか頭を悩ませている人もいるでしょう。

既に利用をしてしまっているのであれば、デジアートへの対応や支払いを考える前に、弁護士や司法書士に相談をする方が良いでしょう。

デジアートが違法行為を行っていると判明すれば、弁護士や司法書士に相談をすることで今後の対応を任せることができます。

さらに、消費者金融などへの返済で困っている場合は、借金問題を解決する債務整理の依頼も可能です。月々の返済に追われる状態から解放されれば、闇金紛いの業者の利用を考える必要もなくなるでしょう。

ヨシノ
後払い現金化業者への支払いは必要ない可能性が高いです。
ヤミ金被害の無料相談はコチラから!

 

まとめ

後払い・ツケ払い・ヤミ金に強い司法書士・弁護士事務所デジアートは、ツケ払いでデジタル現代アートを購入すると同時に、広告宣伝費を受け取れるサービスです。

審査も簡単で手軽に利用できるサービスですが、闇金紛いの違法行為をしているのではないかという声も出ています。

知らずに利用してしまった場合は、一人で対応しようとするのではなく、弁護士や司法書士など専門家の力を借りることがおすすめです。

 

平柳司法書士事務所_闇金対応LP

後払い・ツケ払い現金化や給料ファクタリングなどの闇金業者の対応は「平栁司法書士事務所」がおすすめです。

平栁司法書士事務所では闇金の督促や嫌がらせを最短即日で解決することができます。

また、消費者金融などから借入があり返済で悩んでいる場合は、任意整理をはじめとした債務整理を依頼することも可能です。

ヨシノ
平柳司法書士事務所は実際の口コミ評判も良いですよ。
平柳司法書士事務所の口コミ・評判を見る>>

また当サイトでは後払いツケ払い現金化や闇金に強い弁護士・司法書士事務所を13社紹介しています。 専門家の無料相談を活用したい方は、以下のボタンから各事務所を比較してみると良いでしょう。

\今すぐ無料相談できる!/

後払い現金化や闇金に強い弁護士・司法書士13社を見る

※家族に内緒で解決も可能です

© 2021 闇金情報最前線