後払い・ツケ払い現金化

【最新】後払い現金化=危険?理由~利用した場合の対処法徹底解説!

2022年12月17日

ヨシノ
何事も見た目にだまされてはいけません……どうも、だまされてばかりのヨシノです。

新型ウイルスの流行や緊迫する世界情勢、さらにはますます進む物価高を背景に、経済状態が悪化する人が増えています。そんな中、早急に現金を必要とする人の間で、後払い現金化と呼ばれるサービスに手を出すケースが増えています。

この後払い現金化とはいったい何でしょう。危険を伴うものではないのでしょうか

そこで今回は、後払い現金化の最新情報について説明したのちに、危険な後払い現金化業者の特徴や後払い現金化を利用した場合の危険性、さらには後払い現金化を利用してしまった場合の対処法について、説明していきます。

違法金融トラブル(後払い現金化・先払い買取を含む)には、民事不介入の原則から警察は動いてくれません!

最も安全に後払い現金化・先払い買取問題を解決するには「違法金融に強い弁護士・司法書士への相談」だけです!

弁護士・司法書士を選ぶ際には、下のポイントを確認するのがおすすめ。

  • 着手金や相談費用が0円
  • 解決費用が安く分割払いにも対応
  • 職場バレや家族バレ対策が万全
  • 最短即日対応してくれる
  • 後払い現金化・先払い買取の解決実績が豊富
条件を満たす司法書士・弁護士事務所は下の3つです!

【後払い現金化/先払い買取に強い】当サイト人気の弁護士・司法書士

\最短即日で返済額を0円に!/

後払い現金化/先払い買取への返済を0にできる安全な方法とは

※家族に内緒で解決も可能です



ヨシノ
実は、最近流行っている以下のサービスは、実態としては闇金に近いんです。
  • 先払い買取
  • 後払いツケ払い現金化
  • 経費精算ファクタリング
  • 給料ファクタリング
  • クレジットカード現金化
相談先は様々ですが、自分に合った弁護士や司法書士を選ぶのがおすすめです。闇金についての相談先などはこちらの記事でまとめて確認しておきましょう!

様々な事務所の中でも、ライタス綜合事務所は経験や実績が豊富でオススメですよ。
ライタス綜合事務所の口コミ・評判を見る>>

後払い現金化の最新情報

後払い現金化の最新情報

ここでは、後払い現金化の最新情報をお伝えします。

「後払い現金化」とは、次のような仕組みのものです。

後払い現金化の利用者は、まず業者が提供する商品を購入します。すると業者から利用者に、キャッシュバックやレビュー報酬という名目で現金が入金されます(この入金額は商品の購入額よりは下回るものです)。その後、商品代金を業者に後払いで支払う、というものです。

この仕組みは、 一見すると普通の商取引にも見えます。しかし、実際は貸金行為に該当する可能性があるものであり、闇金の隠れ蓑となっている時もあります。

ちなみに、後払い現金化は、ツケ払い現金化と呼ばれることもあります。

以下では、後払い現金化について、より詳しく見ていきます。

後払い現金化の仕組み

後払い現金化は、主に「宣伝報酬・キャッシュバック型」と呼ばれる仕組みとなっています。

これは、レビュー報酬や商品購入のキャッシュバックの名目でお金が振り込まれる方式で、その商品は、EA(エキスパートアドバイザーの略で、FX自動売買ソフトのこと)やデジタルアート、情報商材がほとんどです。これらの商品価値はほとんどありません

このキャッシュバックやレビュー報酬と、商品代との差額が実質的な金利にあたります。

ヨシノ
本当に価値がないものばかりなんですよねえ

後払い現金化業者の一斉提訴も

この後払い現金化をめぐり、昨年大阪では、全国初の後払い現金化業者を一斉提訴する動きがありました。

これは、大阪の20~50代の男性5人が、業者6社に計約110万円の損害賠償を求めて、大阪簡裁などに一斉提訴したものです。

このような動きがあったことから、今後、他の業者が提訴される可能性もあります

危険な後払い現金化業者の特徴

危険な後払い現金化業者の特徴

ここでは、危険な後払い現金化業者の特徴について、3つご紹介します。

  • 取扱商品に価値がない
  • サイト上に会社情報が載っていない
  • 「ブラックOK」の記載がある

以下、順を追って説明します。

取扱商品に価値がない

後払い現金化業者が取り扱う商品は、価値がないものがほとんどです。

たとえばEA(FX自動売買ソフト)であれば、本来であれば今までの取引成績が示されているのが通常ですが、後払い現金化業者の販売するEAにはありません。

また情報商材であれば、検索すれば簡単に出てくるような内容をまとめただけのものがほとんどですし、デジタルアートはフリー素材の場合もあります。

さらには、実際の商品のやり取りすらないケースもあります。

サイト上に会社情報が載っていない

業者の公式サイト上に会社情報が載っていない場合は注意が必要です。

一般的に、運営会社の名称や住所が載っていないのは不自然なことです。

たとえ所在地が載っていても、途中までしか書かれてないこともありますし、一部の情報が載っているだけのこともあります。なかには偽と思しき住所が書かれてる時もあります。

会社情報の抜け漏れがある業者は使わないようにしましょう

「ブラックOK」の記載がある

後払い現金化は、形式の上ではお金の貸し借りではないはずなのに、その公式サイトなどで「ブラックOK」と闇金のサイトのような記載がある場合があります。

信用情報のうち「事故情報」の部分を、俗にブラックリストと呼びます。そのため、返済が滞ったり破産した等の事故情報があり、お金が借りられない状態のことを金融ブラックと呼びます。

「ブラックOK」とは、この金融ブラックの状態であっても、この後払い現金化のサービスを利用できるよ、という意味です。

通常の商取引の場合、このような表記は書かれていませんし、必要でもありません。後払い現金化業者は、実質的に貸金をしようとしているので、このような表記を載せている、というわけです。

先払い買取、後払い現金化やヤミ金被害の無料相談はコチラから!

後払い現金化を利用した場合の危険性

後払い現金化を利用した場合の危険性

後払い現金化については、金融庁からも注意喚起がでており、その危険性が議論されています。

それでは、後払い現金化業者を利用した場合、どのような危険があるのでしょうか。以下で詳しく見ていきます。

結果的に借金を抱えてしまう可能性がある

後払い現金化では、商品代金とキャッシュバックの金額に大きな乖離があります。受け取った金額の倍近くものお金を支払う必要があるケースも少なくありません。

加えて、購入する商品はほとんど価値のないものであり、それを別のところに売るなど、それを使ってお金を生み出すことはほぼできません。手元に残るのは、商品代金を支払わなければいけないという状況だけです。

そして、商品代金を支払えなければ、結果的に借金を抱えてしまう、というわけです。

個人情報を悪用されてしまう可能性がある

後払い現金化業者を利用すると、彼らに渡した情報が悪用されてしまう可能性があります。

注意ポイント

後払い現金化業者のなかには、本名や住所、メールアドレスや銀行口座、顔写真つきの身分証明書やセルフィー画像の提出を求めるところもあります。

このような情報をもとに闇金から連絡がきたり、別の詐欺のきっかけになってしまう場合もあります。銀行口座に勝手にお金を振り込んで返済を迫る「押し貸し」といった手口の対象になるケースもあります。

この他にも被害が広がってしまう危険性があるため注意が必要です。

嫌がらせや違法な取り立て被害に遭う危険性がある

後払い現金化業者を利用すると、闇金のような嫌がらせや取り立てを受ける危険があります。

まずはメールやLINEでの取り立てに始まり、次第に鬼電で追い込まれるようになります。1日100回以上の電話があることもあります。その電話では、脅迫まがいの言葉を投げかけられることもしばしばです。

また、嫌がらせや取り立ては家族や勤め先の会社へ及ぶケースも見られます。その場合、家族との関係が拗れてしまったり、会社から退職を迫られることもあります。

先払い買取、後払い現金化やヤミ金被害の無料相談はコチラから!

後払い現金化を利用してしまった場合の対処法

後払い現金化を利用してしまった場合の対処法

ここでは、後払い現金化を利用してしまった場合の対処法をいくつかご紹介します。

結論から言えば、司法書士や弁護士に相談することがお勧めです

【NG】自力で解決しようとする

後払い現金化の問題を自力で解決しようとするのはお勧めできません。

後払い現金化業者と交渉しようとしても相手にされないどころか、嫌がらせや取り立てがひどくなる可能性もあります。彼らは利用者を追い込む術を心得ており、結果として支払うよう仕向けられてしまう可能性が高く、注意が必要です。

【危険】夜逃げして逃げようとする

夜逃げも対処法としてはお勧めできません。

そもそも夜逃げは簡単なことではありません。夜逃げをされると、あらゆる情報網を使い債務者を探し出そうとします

また、夜逃げをした先に住民票を移せば、すぐに居場所を突き止められますが、かといって、住民票をうつさないと生活に大きな支障が出ます。

また、夜逃げしている間に、あらゆる連絡先に連絡されてしまい、家族や友人や勤め先など周囲にも迷惑がかかってしまいます。

そして何より、たとえ逃げ切れても、これまでの生活を全て捨てることになります。夜逃げは大きなリスクを伴うものと言えます。

ヨシノ
夜逃げはダメです、ほんと

【推奨】後払い現金化に強い司法書士や弁護士に相談する

後払い現金化への対処として最も有効なのは、司法書士や弁護士に対応を依頼することです

司法書士や弁護士に依頼することで、取り立てや嫌がらせは止み、支払いの必要も無くなるケースがほとんどです。

司法書士や弁護士への依頼費用に不安を覚える方もいますが、その費用は4~6万円が相場であり、この費用で後払い現金化業者と縁を切ることができます。

まとめ

まとめ

今回は、後払い現金化の最新情報や、危険な後払い現金化業者の特徴、後払い現金化を利用した場合の危険性、さらには後払い現金化を利用してしまった場合の対処法について、説明してきました。

後払い現金化は、形式こそ商品売買ですが、その実態は闇金の隠れ蓑であるケースが多々あります。

後払い現金化を利用してしまったときには、すみやかに、後払い現金化の問題に強い司法書士や弁護士の先生に相談をして力を借りましょう

以下のボタンからご確認ください。

ヨシノ
ライタス綜合事務所は、司法書士歴30年以上の歴史ある事務所です。
口コミや詳しい情報を知りたい方は、下記のリンクからチェックしてみてください。
ライタス綜合事務所の口コミ・評判を見る>>
【後払い現金化/先払い買取に強い】当サイト人気の弁護士・司法書士

\24時間365日受付/

ライタス綜合事務所の公式サイトを見てみる

※相談だけなら1円もかかりません

【後払いツケ払い現金化に強い】弁護士・司法書士事務所13社を紹介!口コミ・評判も紹介
  • この記事を書いた人

闇金情報編集部

闇金情報最前線は、多様化する金融トラブルについて様々な角度から取材をし、未然に金融トラブルを防ぐための方法や金融商品についてまとめています。万が一、ご表記や気になる点がありましたら、編集部にて直ちに修正させていただきますので、問い合わせフォームからお知らせください。

© 2023 闇金情報最前線|先払い買取/後払い現金化/給料ファクタリング

\ 相談はもちろん無料!/
後払い業者・闇金の取り立てを最短即日で停止!
LINEor電話で司法書士に無料相談する
\ 相談はもちろん無料!/
後払い業者・闇金の取り立てを最短即日停止!
LINE or 電話で司法書士に無料相談する