闇金に強い司法書士・弁護士事務所

後払い現金化の業者に弁護士を入れたらどうなる?元サイマーが裏の裏まで解説します

2021年8月4日

ヨシノ
SNSで「弁護士に相談してるからな!」ってすぐ言うやつ、だいたい相談してない。どうも、元多重債務者のヨシノです。

ところで後払い・ツケ払い現金化業者は、ほぼ闇金として当サイトで扱っています。

ということは、弁護士を介入させることにより取立てがストップできるということです。

とはいうものの・・・ぶっちゃけ「弁護士を入れて、その先どうなるのかいまいちピンとこない」という方も多いのではないでしょうか?

ヨシノ
まあそうですよね。

そこで今回は後払い現金化の業者に弁護士を入れたらどうなるのか?を元多重サイマーが裏の裏まで解説していきます。


後払い・ツケ払い現金化業者に弁護士を入れたらどうなる?

後払い・ツケ払い現金化業者に弁護士を入れたらどうなる?

後払い・ツケ払い現金化業者に弁護士を入れたらどうなるのでしょう?

ここでは大きく【メリットの部・デメリットの部】に分けてご紹介していきます。

メリットの部

まずは後払い業者に弁護士を介入させることのメリットをご紹介していきます。いくつかのメリットがあります。

督促が停止する

なんといっても督促が停止する。これが一番大きいでしょう。要するに取り立ても督促も業者からの連絡も、これ以上なくなるというわけです。

そもそも後払い業者はほぼ闇金として認定されています。そのため、場合によっては元本すら返済しなくても良いと考えることもできます。

ただし現段階ではヤミ金としての判定が司法から出ていない状況です。よってほとんどの場合は、これ以上の返済をしなくてもよいというゼロ和解に着地するものと考えられます。

いずれにしてもこれ以上後払い業者へ返済を続ける必要は無くなりそうです。

業者に怯える必要がなくなる

基本的に弁護士が介入している案件は、後払い現金化業者もそれ以上触ることはしません。

なぜならそれ以上を顧客から回収をかけたり、追い込みをしてしまうと今度は自分たちが逮捕される恐れが出てくるからです。

また弁護士は基本的に警察や司法関係とも連携をとることができます。

最悪の場合弁護士が介入している顧客をいじり続けることで、自分たちの口座や携帯電話が使用できなくなる恐れもあります。

そうなると業者としては大打撃となります。よって、弁護士が介入してしまえば後は基本的に業者に怯える必要はありません。

平穏な日常が戻ってくる

闇金同様に後払い現金化業者から一旦借入を行ってしまうと、基本的に全額を返済することは難しくなります。利息が高すぎるからです。

また嫌がらせのような脅しや取り立ても、連日強烈なものが予想されます。これらが全て無くなるとなれば、平穏な日常が帰ってくると考えて良いでしょう。

\今すぐ無料相談できる!/

後払い現金化や闇金に強い弁護士・司法書士13社を見る

※家族に内緒で解決も可能です

デメリットの部

デメリットの部

ここからは、弁護士に後払い現金化業者との交渉を依頼する際のデメリットをご紹介していきます。

ヨシノ
しっかりご理解頂きたいので、デメリットもきちんと書いています。

弁護士の場合は面談が必要

弁護士の場合は司法書士と異なり、基本的に委任契約の前に面談が必要です。

オンライン面談が法的に許されるかどうかはさておいて、大原則として弁護士事務所まで一度は足を運ぶ必要があります。

もちろん弁護士に出張してきてもらう方法もあります。

しかし出張費がかかったり弁護士そのものが出張面談に対応していない場合は、時間と労力・交通費としてのお金がかかります。

ココがポイント

司法書士の場合は電話やメールでの相談だけで委任契約まで進めるケースがほとんどです。よって、司法書士の方がこの部分のコストはかからないと言えます。

費用がやや高額

費用がやや高額なことも懸念材料の一つです。

司法書士と異なり、弁護士にヤミ金対策をお願いすると一般的に高額な費用がかかります。もちろん後払いや分割払いに対応してもらえるケースもありますが、ほとんどの場合司法書士にお願いするよりも高くつくと考えていてください。

交渉に失敗する弁護士もいる

結論から言えば、交渉に失敗する弁護士の先生も多数いらっしゃいます。交渉に失敗すると督促が止まらないどころか、闇金側からとんでもない嫌がらせを受ける可能性もあります。

弁護士は法律の兼ね合いで専門分野を掲示して宣伝することができません。

ということでヤミ金専門弁護士と表示することは法律上不可能です。

ヨシノ
多くの場合は「債務整理関係の相談を受けることが多い」とか「債務整理関係の相談は私のライフワークです。」とそれとなく表示している先生が多い印象です。

しかし、債務整理に対応している先生のすべてが闇金との交渉に慣れているというわけではありません。

いわゆるお行儀の良い大手消費者金融やカード会社・信販会社との交渉には慣れているものの、闇金業者の対応は実績がないという先生もいらっしゃるのです。

ヨシノ
正直なところ、大手サラ金との交渉とヤミ金対応は完全に別物です。

ということで、交渉に失敗する弁護士の先生もいらっしゃることを肝に銘じておきましょう。

何事も弁護士の方が良いということではなく、必要に応じて債務整理や闇金案件を得意とする司法書士の先生に依頼した方が良いケースもあります。


後払いに入れるべき弁護士の特徴

後払いに入れるべき弁護士の特徴

後払いに介入してもらうべき弁護士の先生の特徴をご紹介していきます。司法書士ではなく弁護士に依頼したいと考えている方は、以下の条件にマッチする先生を探しましょう。

闇金問題の専門性が高い

まず闇金問題に関する専門性が高い先生を選びましょう。

ただし弁護士の場合は様々な兼ね合いで専門表示が不可能です。よってヤミ金対策の実績があったり闇金対策のおすすめ弁護士として紹介されている先生にご依頼するようにしましょう。

給料ファクタリング・後払いなど最新の闇金情勢に明るい

基本的には給料ファクタリング・後払い・ツケ払い現金化など最新の闇金情勢に明るい先生に依頼すると良いでしょう。

オールドスタイルな闇金の対応ばかりという先生の場合、LINEでの督促やメールでのやり取り、SNS対策に慣れていない先生もいらっしゃいます。

抜け目なく各業者の動向をチェックでき、対応策が考えられる弁護士の先生だと安心して最後まで依頼できるでしょう。

交渉力がある

交渉力があることも重要です。闇金業者も百戦錬磨のプロです。後払い現金化の業者もまた、中身はほぼほぼ闇金グループです。

よって交渉力のある先生でないと返り討ちにあってしまう可能性があります。

単純に法律を振りかざして威圧的に督促をストップさせるような手法を取る弁護士の先生も中にはいらっしゃいます。しかしこの方法だと後から報復を受ける可能性が高く、依頼人の方の平穏無事な生活が阻害されるおそれがあります。

ヨシノ
「こいつ弁護士を入れやがった」と恥ずかしい画像や動画、その他身分証画像が拡散されてしまった女性の方を、本当に悲しいことですがもう何人も見てきています。

アフターケアまでしっかりしてくれる

現金化業者の中には、弁護士や司法書士が介入した債務者について腹いせ的に、個人情報を拡散したり、掲示板サイトへ住所・氏名・電話番号などを掲載する業者もいます。

この辺りの削除要請や情報拡散防止にきちんと向き合ってくれる、アフターケアがしっかりしている弁護士の先生にご依頼をするのも重要です。

ここまでしてくれる先生なら、最後まで安心してお任せできると言えます。

中には受任する範囲が闇金・後払い現金化業者の督促ストップまでの先生もいらっしゃいます。

ヨシノ
意訳すると「止めた後は知らん」ってことです。

アフターケアがあるかどうかは事前にきちんと確認しておくと良いでしょう。

後払い現金化やヤミ金被害の無料相談はコチラから!!


後払い業者に「弱い」弁護士を入れたら嫌がらせはあるの?

後払い業者に「弱い」弁護士を入れたら嫌がらせはあるの?

後払い業者に弱い弁護士を入れると嫌がらせや報復を受ける可能性はあるでしょうか?

残念ながらあります。

後払い業者に弱い・交渉力の弱い弁護士を入れた際に起こり得る報復や嫌がらせをご紹介します。

このような事態にならないよう、最初から後払い現金化業者対策に強い弁護士の先生または司法書士の先生にご依頼するようにしましょう。

写真・動画をばら撒かれる

後払い現金化業者は一般的に担保となる写真や動画を収集することはありません。

ただし個人情報が詰まった保険証や免許証・パスポートの画像などを収集することは契約上よくあります。

そのため、返済ができずに弁護士を介入させた場合、弁護士の交渉力が弱いと写真や動画をばら撒かれたりする可能性があります。

ヨシノ
そしてそういう画像や情報を収集している掲示板サイトもたくさんあります。

ご存知の通り、ネット上に個人情報が流出してしまうと拡散を完全にストップすることは極めて難しく、半永久的に画像や動画が残り続けることとなります。

なりすましSNSアカウントを作られる

本人になりすましたSNSアカウントを作られる被害が最近出てきました。なりすましSNSアカウントはご本人の人生を破壊するには十分すぎるほどの影響力を持ちます。

せっかく後払い現金化業者から脱却できたとしても、報復でなりすましアカウントを作られて会社をクビになってしまったり、引っ越し先で生活できなくなってしまうなどの二次被害が生じるおそれがあります。

基本的にしっかりと交渉できる先生に依頼した場合は、このような嫌がらせを受けることはほぼありません。

緊急連絡先に連絡される

交渉力が弱い弁護士が介入した場合、また業者とのやりとりに不慣れな弁護士と判断された場合、速攻で緊急連絡先へ強烈な取り立ての電話が入ります。

「この弁護士不慣れっぽいから、先に緊急連絡先から回収してしまおう」という算段です。

ヨシノ
あと単純に腹立つのもあると思いますが・・・

その他、債務者本人に対し弁護士を入れたことへの報復の目的もあります。同様に勤務先の会社に電話がかかったり、嫌がらせをされることもあります。

ココに注意

ひどい場合は社長宛に電話が入り、社長個人に立て替えを強要するケースもあります。こうなると社会的な信用が失墜し、社会生活が送れなくなるケースも十分に考えられます。


【結論】後払いの弁護士介入は慎重に!経験豊富な司法書士も視野に入れよう

【結論】後払いの弁護士介入は慎重に!経験豊富な司法書士も視野に入れよう

結論として後払いの弁護士介入は効果的である反面、弁護士選びを間違うと様々なトラブルに巻き込まれる可能性が高いと言えるでしょう。

よって弁護士の先生を選ぶ際は慎重に行うべきです。

とはいえ、後払い現金化業者や闇金からの督促は自力で解決することは不可能です。

後払い現金化や闇金業者への返済で困っている場合は、できるだけ早い段階で専門家に相談した方がよいでしょう。

当サイトからの相談実績No.1の「平柳司法書士事務所」は、後払い現金化や闇金業者への対応を得意とする事務所です。

ヨシノ
平柳司法書士事務所は実際の口コミ評判も良いですよ。
平柳司法書士事務所の口コミ・評判を見る>>

また、当サイトでは後払いツケ払い現金化や闇金に強い弁護士・司法書士事務所を13社紹介しています。

専門家の無料相談を活用したい方は、以下のボタンから各事務所を比較してみるといいでしょう。

\今すぐ無料相談できる!/

後払い現金化や闇金に強い弁護士・司法書士13社を見る

※家族に内緒で解決も可能です

© 2021 闇金情報最前線