国際ロマンス詐欺

国際ロマンス詐欺の相談をすべきは弁護士だけ?おすすめ相談先を総まとめ

2022年2月5日

国際ロマンス詐欺の相談をすべきは弁護士だけ?おすすめ相談先を総まとめ
ヨシノ
保健室の先生にわざとHな相談をすることis楽しい。どうもヨシノです

「国際ロマンス詐欺の相談」と検索すると最近とんでもない勢いで様々なデータが出てきます。

それだけ国際ロマンス詐欺の被害が増えているということです。そして「国際ロマンス詐欺の相談をすべきは弁護士!」という論調を見かけることがあります。これは本当でしょうか?

ここでは国際ロマンスの相談先が弁護士とされる理由について解説するとともに、独自にまとめたお勧めの国際ロマンス詐欺被害相談先を総まとめしてお届けしていきます。

ヨシノ
「国際ロマンス詐欺に遭った」「仮想通貨取引所から出金できない」という場合は、すぐに弁護士に無料相談しましょう。
詐欺師が逃げる前に弁護士に相談することで、相手を特定し返金請求ができるかもしれません!

適当に弁護士を選べばいいわけではなく、必要に応じて詐欺解決や国際ロマンス詐欺に強い弁護士の先生を選ぶことが重要になります。
特に国際ロマンス詐欺では、横山法律事務所が返金事例も豊富な弁護士として有名です。

\無料相談で即解決(LINEや電話可)/

詐欺解決に強い弁護士に無料相談してみる

※相談はもちろん無料です



ヨシノ
国際ロマンス詐欺の返金事情については下の記事を参考にしてください。
国際ロマンス詐欺で返金はできる?泣き寝入りしないための対処法とは?

【前提】国際ロマンス詐欺の相談先は弁護士だけってホント?

【前提】国際ロマンス詐欺の相談先は弁護士だけってホント?

前提条件として、国際ロマンス詐欺の相談先は弁護士だけというのは本当なのでしょうか?

色々調べてみたところ、結論としては

人生相談チックなやつ:弁護士じゃなくてもいい

ちゃんと解決したい時:やっぱり弁護士だけ

という結果になりました。

相談みたいなものが含まれていると、ぶっちゃけ弁護士じゃなくても全く問題はありません。

話を聞いてくれるのは弁護士以外にもたくさんいます。

しかし国際ロマンス詐欺の被害のお金を取り戻そうとしたり、個人情報の拡散や流出など2次被害の防止に関してアドバイスを受けたりサポートをしてもらうなら、やはり弁護士です

その理由としては以下のようなものがあります。

  • 代理人になれるのは弁護士だけだから
  • 国際ロマンス詐欺が得意な弁護士だと人脈(パイプ)が太い
  • 法的なやりとりができる専門家だから

上記について詳しく確認していきます。

 

代理人になれるのは弁護士だけだから

まずこれです。被害者の方の正式な代理人になれるのは弁護士だけです。

特に日本の民事裁判や刑事告発など「事件」と呼ばれるものに関連して手続きを行うのは、専門知識が必要なことから素人にとっては至難の技です。

また、相手が外国人の場合であっても、基本的に法律的な交渉や訴訟に関しては、最終的に当事者同士の話し合いだけではどうしても決着がつかないというケースも多々あります。

そこで登場するのが国際ロマンス詐欺を扱う弁護士の存在です

彼らは日本の法律のみならず外国における法制度や文化にも精通しており、かつ法的問題を解決するプロフェッショナルなので、こういった問題にも対応できます。

注意すべきは中国人の異性!国際ロマンス詐欺の詐欺被害が急増中!

 

国際ロマンス詐欺事案が得意な弁護士だと人脈(パイプ)が太い

弁護士バッチと六法全書
国際ロマンス詐欺が得意な弁護士もいます。

こういった弁護士の場合、そもそも金融機関や警察などの刑事機関をはじめとする様々な分野との人脈・パイプが太いことが考えられます。

よって素人には持ち得ないようなパイプから詐欺師の口座を凍結させてそこから被害金を取り戻すなど様々な交渉や行動が可能というわけです。

ただしここで注意しておきたいのは、弁護士の中でも特に国際ロマンス詐欺の被害回復に強い弁護士を選ぶべきという話です。

ヨシノ
そりゃそうですよね。巨乳好きなら巨乳専門店ですよ、やっぱり。

ポイント

一般的に弁護士には得意分野というものがあり、国際ロマンス詐欺案件に特化した弁護士事務所を探すことで、より効率的に国際ロマンス詐欺の被害を取り返すことができる可能性があります。

 

法的なやりとりができる専門家だから

国際ロマンス詐欺は日本人を相手にする詐欺であり、犯罪です。

そのため、弁護士は依頼者に代わってその行為の違法性を訴え、損害賠償請求を行うことが可能なケースもあります。

特に外国人相手であれば、その国の管轄の刑事機関等を通じて訴えを起こすことも可能です。

しかしこのようなやりとりになるとそもそも法的なやり取りに加えて外国語でのやり取りが必要となります。

国際ロマンス詐欺被害の回復が得意な弁護士の場合、こういったところもスルッと解決に導くことができるというわけです。

国際ロマンス詐欺について弁護士に無料相談する

 

国際ロマンス詐欺の相談先:弁護士以外を総まとめ!

国際ロマンス詐欺の相談先:弁護士以外を総まとめ!

国際ロマンス詐欺の相談先について弁護士以外に相談してみたいという方もめちゃくちゃ多いと思います。

そこでここでは弁護士以外の国際ロマンス詐欺に関する相談先をまとめました。具体的には以下のような相手先が考えられます。

  • 警察
  • 外務省
  • 各国の大使館
  • NPO法人
  • 探偵事務所
  • 便利屋

上記についてひとつずつ見ていきましょう。

 

警察

国際ロマンス詐欺の被害を受けた方は真っ先に思い浮かぶのが「警察に行こう」ではないでしょうか? 確かに警察に行くと「国際ロマンス詐欺」で被害にあったという事情を説明すれば、詐欺犯の逮捕や告訴に必要な書類を揃えてくれるはずです。

しかし国際ロマンス詐欺専門の部署があるわけではないので、通常の詐欺捜査と同じ扱いになってしまいます。

また詐欺罪は「人を欺いて財物を交付させる目的」で財産上不相当の利益を得る行為をした場合に成立するものであり、そもそも立証が難しい犯罪でもあります。

「恋愛感情を利用して相手をだまし金品を要求すること」を目的に詐欺を働く国際ロマンス詐欺師だと、警察もなかなか動きづらいケースがあります。

このような理由から、通常業務の範囲内でしか動いてくれない可能性が高いでしょう。

 

外務省

ヨシノ
方法としてないわけではありません。

考えられるものとして日本の外務省に問い合わせをしたり相談するということも、権利としては一応あるでしょう。

SNSなどの情報をチェックしていると実際に外務省へ相談されたという方もいらっしゃるようです。しかし実務的に対応できる範囲ではないことから、そもそも対応は不可と考えて差し支えありません。

国際ロマンス詐欺について弁護士に無料相談する

 

各国の大使館

大使館
こちらはインパクトだけで言えばかなり強力な手段と思えますよね。

ただ、筆者も経験があるのですが・・・そもそも各国の在日大使館は日本語が通じません。

その他、国際ロマンス詐欺師が「その国籍を名乗っているだけ」で実際には別の国籍だったというケースもかなり多いことから、あまり実効性がないのが現状です。

ちなみに大使館に連絡して事情を説明しても「同じような名前の人が多すぎるから特定するのが難しかったり、年単位で時間がかかるケースもある」と回答されるケースもあります。

ポイント

筆者も以前、海外に住んでいるネットの友達と連絡が取れなくなり・・・新型ウイルスの危険性を考えて大使館に安否確認をしたことがあります。

その時は「同じ名前の人がめちゃくちゃ多いので特定するまでに3年くらいかかるかもしれない」と言われました。

 

NPO法人

こちらについても基本的には、国内の団体への相談をお勧めします。

犯罪被害に関連したNPOや国際ロマンス詐欺に特化した被害者のためのNPOも存在するようです。ただし、実際の被害回復に関しては、やはり最終的に弁護士を紹介されるパターンが多いようなので要注意です。

 

探偵事務所

犯人の特定、もしくはそれに近いところまではおそらく探偵事務所でも行けます。ただしめちゃくちゃ高いと思います。

そこから弁護士を紹介されるケースもあります。

しかし探偵事務所が弁護士を紹介するということは、探偵事務所側に紹介料が発生するということです。

そもそも相手先の弁護士が国際ロマンスに詳しいかどうかはわかりません。

ヨシノ
以上です、裁判長。

 

便利屋

こちらも探偵事務所と同様に、どこまで力になってくれるかは未知数です

便利屋さんの中にはいろいろな恨みつらみを晴らしてくれるといったサービスを「裏メニュー」的に提供しているところもあります。

しかし中身としては探偵の許可を持っていないような探偵崩れだったり、便利屋と言っているだけで中身はちょっと・・・というケースも多く報告されているので注意してください。

ヨシノ
ネクストヨシノズヒーント:●社。

国際ロマンス詐欺について弁護士に無料相談する

 

相談前に確認できる国際ロマンス詐欺のよくある手口

【結論】闇金に悩んでも弁護士では意味ない説は本当?

国際ロマンス詐欺の手口は似たような傾向があるため、事前に「これは怪しいかも?」と見抜くことができます。

出会うために海外の銀行口座に振り込みを依頼する

詐欺師はマッチングアプリやSNSなどで早い段階から、「I love you!」などと猛烈にアタックしてきます。親交が深まると、

「あなたに会いに行きたいが、お金がない」

「今、成田空港まで来たが、手続きで手違いがあって空港から出られない」

などと言い、口座にお金を振り込ませようとします。しかし、どんな理由であれ金の無心をしてくるのは100%詐欺です。そもそも、本当に大事な人であれば、金銭的にも精神的にも負担をかけるような真似をしてくるはずはないのです。

マッチングアプリやSNSで暗号資産(仮想通貨)やFXの投資を勧める

詐欺師は、自分の仕事や(ほぼ全部ウソです)将来の夢(のためにターゲットを金づるにする気満々)を饒舌に語り、その一方でターゲットからも仕事や夢、悩みを聞き出そうとします。

熱心に耳を傾けるふりをして「勉強のためのお金がない」「失業中」など、お金に関する悩みが出てきたら、

「いい投資先がある」
「兄弟が投資会社に勤めていて、おすすめの暗号資産(仮想通貨)を知っている」
「自分のいうとおりにすれば、必ず儲かる」

などと言って、暗号資産やFXを熱心にすすめてきます。そして、投資サイトに口座を作らせ、お金を振り込ませますが、これらはニセのサイトで、口座は他人から買ったものを使用しています。

そもそも、投資にはリスクがつきものです。そして投資会社はリスクの危険性を説明する義務があります。大した説明もせず、やたらと投資をすすめてくる相手は詐欺師とみてまちがいありません。

オンラインカジノなどで課金を勧める

投資以外にも、オンラインカジノに誘ってくる詐欺師もいます。オンラインカジノのサイト自体が本物そっくりに作った偽物であったり、本物であっても口座が詐欺師のものであったりします。

最初は少し儲けさせて安心させ、さらに課金するよう強く促してきます。ターゲットが迷っていると、起こったふりをして、関係を終わらせることをほのめかしたりして、口座に入金させます。

詐欺師の共通した手口は「考える時間を与えない」です。矢継ぎ早に金銭の要求をしてくるようになったら、完全に赤信号です。ブロックしましょう。

まとめ

まとめ

このように国際ロマンス詐欺の被害相談をすべきなのは弁護士、ということがお分かりいただけたのではないでしょうか。

ぶっちゃけ人生相談ならいろいろな窓口があります。

しかし本当に解決したいなら弁護士事務所へ相談するのが一番です。

例えば「性根がひん曲がった筆者」が厳選した弁護士事務所を当ブログではご紹介しています。

ヨシノ
僕は性格がやばいので、めちゃくちゃ疑って厳選しました。

かなり優秀な弁護士さんで、国際ロマンス詐欺被害に関しては第一任者とも呼ばれるような先生です。こちらに相談してみるというのも一つの手ではないでしょうか。

\24時間365日受付/

横山法律事務所の公式サイトを見てみる

※相談には1円もかかりません

国際ロマンス詐欺の相談をすべきは弁護士だけ?おすすめ相談先を総まとめ
  • この記事を書いた人

ヨシノ(闇金情報最前線 編集部代表)

闇金のことなら何でも聞いてください。 元多重債務者ライター「ヨシノ」です。

© 2022 闇金情報最前線|先払い買取/後払い現金化/給料ファクタリング

\ 弁護士なら国際詐欺でも解決できる!/
\ 相談はもちろん無料!/
国際ロマンス詐欺師からお金を取り返そう!
LINE or 電話で弁護士に無料相談する