国際ロマンス詐欺

FX詐欺の被害相談先一覧!最適な相談先は?

2022年4月3日

ヨシノ
高校時代「FXで120万稼いだからもう就職しない」って言ってたK君が先日、某○縣で晒されてました。どうもヨシノです。(実話)
最近、海外の異性から持ちかけられたFX投資に手を出し、大金を騙し取られるという方が急増しています。

この場合、ただ単にFX投資に失敗しているのではなく、初めからFX詐欺目的で被害者に近づいている可能性が高いと考えられます。

ここでは、FX詐欺に遭ってしまった場合、被害を相談すべき相手先をご紹介していきます。

今回ご紹介する相談先はどれも相談してしかるべき部署・場所となります。

FX詐欺のよくある狡猾な手口についても解説していきます。最近人に勧められてFX投資を始め、あやしいなと感じている方は参考にしてみて下さい。

ヨシノ
「国際ロマンス詐欺に遭った」「仮想通貨取引所から出金できない」という場合は、すぐに弁護士に無料相談しましょう。
詐欺師が逃げる前に弁護士に相談することで、相手を特定し返金請求ができるかもしれません!

適当に弁護士を選べばいいわけではなく、必要に応じて詐欺解決や国際ロマンス詐欺に強い弁護士の先生を選ぶことが重要になります。
特に国際ロマンス詐欺では、横山法律事務所が返金事例も豊富な弁護士として有名です。

\無料相談で即解決(LINEや電話可)/

詐欺解決に強い弁護士に無料相談してみる

※相談はもちろん無料です



ヨシノ
国際ロマンス詐欺の返金事情については下の記事を参考にしてください。
国際ロマンス詐欺で返金はできる?泣き寝入りしないための対処法とは?

 

FX詐欺の相談先一覧

FX詐欺の相談先一覧
FX詐欺に遭遇してしまった場合の相談先をまず、一覧で確認していきましょう。

以下で紹介する場所に相談することで、被害があった事を申告できたり、さまざまな対処法を得られる可能性があります。

 

警察

FX詐欺は刑事事件として処理されるのが、一般的です。

ポイント

FX詐欺に遭った時は、まず警察に詐欺の被害届を出すことをおすすめします。

ただし、警察はFX詐欺の被害届をすんなり受け取ってくれないこともあります。

FX詐欺は数ある犯罪の中でも証拠集めが難しいため、立件しづらい犯罪に分類されます。

したがって、被害届を受け取らなかったり、捜査にすすまないケースも多く見られます。

ヨシノ
意外と知られてませんが、捜査する/しないは警察が決めます。マジです。
たとえ警察が捜査して犯人が捕まったとしても、返金までは対応してくれません。

あくまで警察の仕事は、犯人を逮捕して起訴することです。

返金は民事事件なので、警察では扱いません

 

金融サービス利用者相談室

ポイント

金融サービス利用者相談室は、金融庁が提供しているサービスです。

金融機関とのトラブルについて他の機関への紹介や、論点を整理するなどのサポートをしています。

ただし、あくまでアドバイスのみで、斡旋や仲介、調停などは行いません。

たとえば、以下の内容を相談できます。

  • 預金・融資等に関するもの
  • 保険商品・保険制度等に関するもの
  • 投資商品・証券市場制度・取引所等に関するもの
  • 貸金等に関するもの
  • 暗号資産(仮想通貨)等に関するもの
  • その他(予算執行、ウェブサイトに関するご意見・ご要望等含む)

金融商品を購入前にも相談できるので、購入に迷っている方は予防的に相談するのもいいでしょう。

金融サービス利用者相談室:0570-016811
平日受付時間:10:00~17:00
出典:金融庁【金融サービス利用者相談室】

 

【最適解】弁護士

ポイント

FX詐欺に遭った時は、弁護士に相談すると迅速な対応をしてくれます。

被害回復には詐欺師との交渉、警察との連携、裁判や強制執行といった法的手段など、状況に応じてさまざまな対応が必要となります。

弁護士に相談すると、このような複雑な対応を一任できます。

いち早くトラブルを解決して、通常の生活に戻るには、弁護士へ相談するのが最善の策と言えるでしょう。

ヨシノ
これが一番コスパ高いと思います。個人的には。

弁護士がFX詐欺を解決する流れは、この後説明していきます。

国際ロマンス詐欺について弁護士に無料相談する

 

FX詐欺を弁護士が解決する流れを解説

FX詐欺を弁護士が解決する流れを解説

FX詐欺の解決や返金要求は、弁護士へ依頼することで返金要請が通るケースもあります。

FX詐欺に対して弁護士がどのように解決していくのか、大まかな流れを解説していきます。

なお、この例についてはあくまでも一般的な流れです。

弁護士の先生の方針等によって若干の違いが出るケースもあります。

相談した時点であらかじめ解決までの流れを聞いておくとよいでしょう。

 

被害者が被害を自覚

まず、被害者が被害を自覚することが大切です。

騙されると分かって勧誘に乗る人はいないので、騙されてると気づくのがどうしても遅れてしまいます。

ポイント

被害を自覚した時点で、被害回復のために行動を起こします。

 

弁護士に相談〜受任

FX被害に遭ったと感じたら、FX詐欺案件の経験豊富な弁護士にできるだけ早く相談します。

弁護士が相談内容を判断し、今後被害回復が可能かどうか見極めます。

着手金と被害回復にかかる費用の見積もりを出し、解決策を被害者に提示します。

被害者が提示された解決策で納得したら、弁護士と委任契約を結びます。

 

詐欺師と弁護士が交渉

弁護士が詐欺師と接触できる場合、弁護士が直接交渉します。

弁護士は詐欺師に被害者にお金を全額返済するように迫ります。

詐欺師は利用している口座や携帯電話を止められたくありません。

また、逮捕されることを恐れているため、たいていの場合弁護士の交渉に応じます。

 

弁護士が被害救済

ポイント

弁護士は詐欺師の口座を凍結することで、さらに詐欺師へ圧力をかけられます。

詐欺師が交渉に応じた場合、お金は被害者のもとへ返金されます。

この段階で警察が絡んでくるケースもあります。

 

解決

被害回復が確認できたら、トラブルは解決です。

弁護士が被害者へ報告し、成功報酬を除いた金額が被害者に返されるしくみです。

国際ロマンス詐欺について弁護士に無料相談する

 

【注意喚起】FX詐欺の狡猾な手口あるある4選

【注意喚起】FX詐欺の狡猾な手口あるある4選

FX詐欺の手口はさまざまなパターンがあり、なおかつ手の込んでいるものばかりです。

以下に紹介する状況に思い当たるという方は、FX詐欺を疑いましょう。

 

被害者の楽して儲けたいという気持ちに漬け込む

巧みな話術で「本当に儲かるのでは?」と思わせ、お金を奪い取る手口があります。

「楽して儲けたい」という気持ちは、誰もが感じるものです。

詐欺師はそのような心理を利用して、人の弱い部分に漬け込んできます。

「楽して大金を稼ぐうまい話はない」ということを心に留めておきましょう。

 

関係を築いて信用させる

注意ポイント

時間をかけて関係を気づき、信用させるという手口も頻繁に見られます。

最初から話を持ちかけても信じてもらえないので、時間をかけて関係を築いていきます。

初めのうちは、本当にお得で儲かる情報を渡して、徐々に信頼を得ていきます。

この場合、相手を信用しきっているため被害に気づくのが遅くなる傾向があります。

 

好条件の話を聞かせてお金を搾り取る

詐欺師が持ちかけてくる話は、いつも成功が約束された好条件の話ばかりです。

特に仕事を探している人や、すぐにお金が欲しい人は、疑う余地もなく話に飛びついてしまいます。

たとえば「1日10分で10万円儲かる」といった、夢のような内容の話を持ちかけられます。

最初は少し儲かることもあるため、もっと続けたくなり、徐々にのめり込んでいきます。

ヨシノ
僕は最近、エル○ンリングに徐々にハマってます。何だあの○にゲー。クソッ!

注意ポイント

また友達を紹介することで、インセンティブがもらえる場合もあります。

しかし、自分も知らないうちに加害者となって、詐欺に加担していることになっています。

 

被害者救済を装ってさらにお金を搾り取る

もうすでに被害に遭っている人から、さらにお金を搾り取る手口もあります。

注意ポイント

金銭トラブルに巻き込まれて困っている被害者に近づき「被害回復をする」と持ちかけます。

しかし、その人物は詐欺師からの紹介だったり、詐欺師本人だったりすることがあります。

たいていは探偵や便利屋などを名乗り、被害回復のための費用を請求してきます。

そして結局解決することができず、費用だけを搾り取っていくという事態に陥ります。

国際ロマンス詐欺について弁護士に無料相談する

 

まとめ

まとめ

FX詐欺に遭遇してしまった場合は、決して泣き寝入りせず、弁護士と二人三脚でトラブル解決を目指すのが最善の方法です。

弁護士に相談することで、返金要請ができたり被害回復ができるケースもあります。

ポイント

大切なことは、詐欺に遭ったことにまず気づくこと、そしてできるだけ早く弁護士に助けを求めることと言えるでしょう。

当サイトでも、FX詐欺の被害救済や相談が可能な弁護士を紹介しています。参考にしてください。

\24時間365日受付/

横山法律事務所の公式サイトを見てみる

※相談には1円もかかりません

国際ロマンス詐欺の相談をすべきは弁護士だけ?おすすめ相談先を総まとめ
  • この記事を書いた人

ヨシノ(闇金情報最前線 編集部代表)

闇金のことなら何でも聞いてください。 元多重債務者ライター「ヨシノ」です。

© 2022 闇金情報最前線|先払い買取/後払い現金化/給料ファクタリング

\ 弁護士なら国際詐欺でも解決できる!/
\ 相談はもちろん無料!/
国際ロマンス詐欺師からお金を取り返そう!
LINE or 電話で弁護士に無料相談する